<< 平和な戦い プレーンプートン通りでシャム探し >>

バンコクの暴動について

昨年末、私が訪れた際には いたって平和だったタイですが、
現在、政権擁護のタクシン派と、反政府勢力の反タクシン派の対立が激化、死者も出ているもようです。

タイといえば、3年前には日本人カメラマンが犠牲になる暴動があり、
昨年末のバンコク滞在時、地下鉄の入り口には警備員がいて、金属探知機をくぐらなきゃならないのも、
その名残なのかなぁと思ってました。

微笑みの国・タイといえども、いろいろとくすぶってるものがあるのですね。

今のところ、外務省からの危険情報では「十分注意してください」の勧告にとどまっているので、
年末年始の旅行には差し支えないかと思いますが、
以前のチュニジアでの経験も踏まえて言うと、渦中にいると、意外と情報が入らないものです。
(特に言葉がわからない旅行者は。)

年末年始、タイにお出かけになる方は、十分、注意してくださいね。
b0138848_23595687.jpg




きょうもポチッとお願いします!!  →   にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ
[PR]
by a-nekotabi | 2013-12-02 00:07 | タイ
<< 平和な戦い プレーンプートン通りでシャム探し >>