<< バンコクの暴動について 英雄 >>

プレーンプートン通りでシャム探し

シャム猫を世界に広めたラーマ5世。
そのラーマ5世時代の雰囲気が残っているというプレーンプートン通りでシャム系の猫はいないかと探す。。。

b0138848_2205555.jpg
この子は茶トラ

b0138848_2223180.jpg
この子はドット柄入りキジトラ

b0138848_2215398.jpg
この子は三毛

b0138848_2231470.jpg
この子はキジトラMIX三毛

b0138848_2223312.jpg
この子はサビ

シャム系はいないか~?

!!!

b0138848_229182.jpg
顔と手足がうっすらこげ茶色のポインテッド猫ちゃん発見!

お顔を見せて~。
b0138848_2292154.jpg
純血シャムに比べたら、ポイントがくっきりしてないけど、サイアミーズ遺伝子、入ってるでしょ!

この子のポイントがくっきりしてないのは、純血じゃないから・・・ってこともありますが、 
もしかしたら気温も影響してるかも。。。

だって、うちのまろも
b0138848_22123772.jpg
冬はこんなに真っ黒な顔が

b0138848_22125838.jpg
夏はこんなにぼんやりします。
サイアミーズ遺伝子の働きって、温度に左右される不思議な特徴があるのです。

だから、プレーンプートン通りで出会ったこの子も
b0138848_22142464.jpg
寒い国へ行けば、もっとくっきりしたポイントの猫になるのかもしれません。
サイアミーズ遺伝子って、ホント、不思議。。。




寒いのは苦手?ポチッとね!!  →   にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ
[PR]
by a-nekotabi | 2013-11-17 22:23 | タイ
<< バンコクの暴動について 英雄 >>