<< いよいよ! タイのシャムに逢い... いよいよ!タイのシャムに逢いに... >>

いよいよ! タイのシャムに逢いに行く!! その2

はるばる訪ねていったタイ猫交配養育施設。
ここには、お目当てのシャム猫だけでなく、看板にあるように
b0138848_0153326.jpg
全部で5種類の猫が飼育されています。

こちらはコラット
b0138848_0171692.jpg
シャム猫同様、タイで昔から親しまれてきた猫で、アユタヤ王朝時代の絵巻物にも登場した猫だそうです。
手元の猫カタログには
「幸せを人にもたらす猫と考えられ、結婚祝いの贈り物にもされた」
と書いてあるのですが、タイ猫交配養育施設でもらったパンフレットには
「毛色が雨雲を連想させるところから、雨乞いの際に、祭壇にささげられた」
と書いてあります。
まさか、いけにえじゃないよね~。。。

次は この茶色い猫
b0138848_024542.jpg
この猫は、どうやらバーミーズという品種の猫の元のようです。
タイではSupaluk(サパラック)あるいはCopper(カッパー=銅のような色)と呼ばれる、アユタヤ王朝時代からいたとされる猫だそうです。
b0138848_041240.jpg

バーミーズのルーツは、ちょっとややこしいのですが、
1930年、アメリカの軍医がビルマ(現・ミャンマー)から被毛の美しい1匹の猫を持ち帰りました。その猫は、昔々、1767年のビルマによるアユタヤ侵略の際にビルマに連れ去られた猫=Supaluk(あるいはCopper)の子孫だったんだそうです(ホントか?)。
軍医は その猫をシャム猫と交配、さらにライトブラウンの猫をかけあわせてバーミーズの始祖を作ったそうです。
てなわけで、Supaluk(あるいはCopper)は バーミーズの元の猫、ということなんですね。
b0138848_0482360.jpg

ややこしい話を書いていたら、眠くなってきました。
きょうはこの辺で堪忍してニャ~ZZZ



なかなかシャムにたどりつけなくて、ごめんなさい。ポチッ!!  →   にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ
[PR]
by a-nekotabi | 2013-02-12 00:51 | タイ
<< いよいよ! タイのシャムに逢い... いよいよ!タイのシャムに逢いに... >>