<< 飯坂温泉・フルーツライン お誕生会 >>

福島県飯坂温泉

先日、仔犬の引き取り依頼があり、福島へ行ってきました。
その子たちの里親さんは、引き続き募集中ですので、よろしくお願いします。
(詳しい情報は、コチラでご確認ください。)

さて、いつもは福島駅周辺のビジネスホテルに泊まるのですが、
今回は依頼者の飯舘村民の方もすでに避難しておられるということで、避難先に近い、飯坂温泉に宿泊しました。
b0138848_5183744.jpg
飯坂温泉は、鳴子・秋保と並ぶ奥州三名湯のひとつなんだそうです。

このあたりは放射線量も高くないので、福島県内から避難されてる方も多いようで、
私たちが泊まったホテルにも、南相馬から避難されてる方々がいらっしゃいました。

あまり時間はなかったのですが、ちょこっと温泉街をブラブラすると、
b0138848_5232655.jpg

b0138848_5231697.jpg

b0138848_542128.jpg
ちょっとレトロな町並み。

居酒屋の店先にも なぜか温泉の湯。
b0138848_5233625.jpg
ちなみに、福島は餃子も名物です。

飯坂温泉の街の中には、共同浴場が9つもあります。

全部入るのは無理なので、その中で最も歴史がある鯖湖湯に行ってみました。
b0138848_5294174.jpg
風情ある木造の建物。
松山の道後温泉にある坊ちゃんの湯(明治27年建築)より古い、明治22年に建てられたものを、
平成5年、当時の面影を残したまま、新たに建築したものだそうです。
b0138848_5342426.jpg
暖簾をくぐると券売機があって、大人200円の券を買って中に入ると、すぐ脱衣所。
脱衣所からは しきりの扉はなく、すぐに湯船。

御影石の湯船は まだ新しく、古さは感じられないのですが、見上げるとヒバの木で作られた天井が立派で、
なかなかに壮観です。
ただ、湯が熱い!
入り口の注意書きには地元の方に向けて、こんな注意書きがありました
「湯が熱くて困っている観光客がいたら、水を入れてあげてください」
・・・って、どんな親切なんだ!!福島の人は。

b0138848_5445882.jpg
飯坂温泉発祥の地ともされる鯖湖湯は 元禄2年(1689年)、奥の細道の道中、松尾芭蕉がつかったと伝えられています。
b0138848_5461088.jpg

だから駅前には 芭蕉の銅像があったんですね。
b0138848_5492640.jpg

そんな飯坂温泉、うれしいことに、
b0138848_5513324.jpg
猫にも逢えましたよ!!





福島の猫にポチッとね!!  →   にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ
[PR]
by a-nekotabi | 2011-08-11 06:03 | 福島県
<< 飯坂温泉・フルーツライン お誕生会 >>