<< 白川郷の犬と猫 白川郷の猫? >>

白川郷の猫?その2

白川郷の民家園、山下陽朗さんの主屋で出会った猫
b0138848_22375432.jpg
(ぬいぐるみです)

さらに私が感動したのが この写真
b0138848_22395710.jpg
昭和初期に撮られた、おそらく家族の写真。
民家園の方に聞いてみたけど、この写真が誰なのか?詳しいことはわかりませんでした。

ともかく、真ん中にいる、おばあちゃん?奥さん?の腕には、しっかりと猫が抱えられています。
b0138848_2246336.jpg
その隣の女性は国旗を持ってます。
きっと この時代の写真って、今より貴重なものだったんですよね~。
そんな大事な写真の中に、しっかり抱っこされた猫が写ってる。いかにこの猫が大事にされていたのかが、わかります。

豪雪地帯である白川郷には「結」という独特の制度があります。
「結」とは 冠婚葬祭や田植え、そして、かやぶき屋根の葺き替えの時に みんなで助け合って行うという互助制度のこと。
かつて冬には陸の孤島と化したと言われる白川郷だからこそ、 こういう助け合いの制度が生まれたのでしょう。

その助け合いの精神は 人と人の間だけではなく、 人と動物との間にもあった・・・。
猫はネズミを取ることで人間の役に立ち、 人間は食べ物と温かい家を提供することで猫の役に立つ。
そうやって支えあいながら みんなで生きてきた。
b0138848_22555775.jpg
白川郷では 日本の原風景だけでなく、 人と動物との原風景を見ることができました。


以下、蛇足ですが・・・
写真の猫が暮らしていた当時の様子を あのぬいぐるみで再現してみました。
b0138848_22592255.jpg
家族だんらんのいろりで暖を取る猫。

b0138848_230191.jpg
水屋でお母さんのお手伝いをする猫。

b0138848_2302988.jpg
春を待つ猫。

※ 一応、民家園の方の許可のもと やってますので、 良い子はマネをしないでくださいね。 (^^)




時を超えた猫好きさんとの出逢いに感謝! ポチッ!!  →   にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ
[PR]
by a-nekotabi | 2011-02-08 23:16 | 岐阜県
<< 白川郷の犬と猫 白川郷の猫? >>