「ほっ」と。キャンペーン

ニューヨーク グランドセントラル駅

前回のタイ旅行で現地発着ツアーに味を占めた私。
今回のニューヨーク旅行でも 積極的に現地ツアーを利用しました。

まずは「プロカメラマンと行く、マンハッタン&ブルックリン撮影ツアー」!!

せっかく一眼レフ2台持って行くんだもの。プロカメラマンにしっかり指導してもらおう!と張り切っておりました。

集合場所は、グランドセントラル駅。
b0138848_23451229.jpg

ニューヨークと他の州とを結ぶ列車のターミナル駅。
b0138848_2350382.jpg

人々の出会いと別れの場である駅というのは、なんともドラマティックな風情があって、なんだか切ない気分になります。。。
b0138848_23521858.jpg

このグランドセントラル、2013年、開業100周年を迎えたそうです。

先週、「サザエさん」を見ていたら、東芝のCMが流れていて、 なんと、グランドセントラルの照明は、東芝のLEDライトなのだそうです!
詳しくはコチラ

2013年11月21日~12月26日までは東芝プレゼンツのライトアップショーも行われていたようで、知っていれば見に行ったのに・・・。
私がグランドセントラルに行ったのは、翌日。
うう~ん、惜しいことをしました。

ちなみに、東芝のCM、グランドセントラルで撮影されたものもありました。
東芝のウェブサイトでどうぞ。
行ったことある場所が、テレビで見られるって、ミーハーだけど、楽しいですね。



きょうもポチッとお願いします!!  →   にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ
[PR]
# by a-nekotabi | 2014-05-26 00:07 | ニューヨーク

本場の味

グリニッチ・ビレッジで猫探しの途中、ちょっと小腹が空いたので食べたコレ、な~んだ?
b0138848_1243393.jpg
そう、アメリカンドッグですよね?

アメリカでアメリカンドッグを食べないなんて、大阪でたこ焼き食べないのと同じじゃないですか。

即、食べました。

味は日本のと全く同じで、安心しました。

しかし、このアメリカンドッグ、本場ではアメリカンドッグとは言わず、corn dogと言うそうです。
衣にとうもろこしの粉を使っているからだそうですが、そんなことはつゆ知らず。
でも、指差し注文でしたから、何の問題も無かったんですけどね。



きょうもポチッとお願いします!!  →   にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ
[PR]
# by a-nekotabi | 2014-05-15 01:18 | ニューヨーク

ニューヨーク、次なる猫ちゃんは?

中古レコード店Bleecker Street Recordsで、無事、猫ちゃんたちに逢えて ご満悦の私、
調子に乗って、次なる目的地に向かいます。

場所は、レコード店から直線距離にして400m弱。
b0138848_0444095.jpg
Ave. of The Americas沿いにあるお店
b0138848_0453628.jpg
C.O.bigelow Chemistsというドラッグストアです。

このお店、「地球の歩き方」などガイドブックにも載っているお店で、
なんでも、1838年創業のアメリカで最も古い調剤薬局なのだとか・・・。
オリジナルコスメも人気で、3年ほど前からは日本のデパートでも買えるようで、
まぁ、看板猫に逢えなくても、お土産の一つ二つ買えればいいかな~と軽い気持ちで行ってみました。

・・・が、

お店に着くと
b0138848_0531831.jpg
いきなり、いました。

わかります?

ほら
b0138848_0545725.jpg
入り口のカウンターでお客様をお迎えしているとは、なんと素晴らしい看板猫でしょう。

b0138848_0583455.jpg
お店の方に聞くと、名前は、アレグラちゃんだそうです。なんと薬局らしいネーミングでしょう。

お店の中も 素敵です。
b0138848_151151.jpg
インテリアは1902年のものだそうで、古い映画の1シーンに出てきそうな雰囲気。

アレグラちゃんに逢えなくても、この雰囲気に浸りながらお土産探しするだけでも 楽しいかと思います。
b0138848_11465.jpg





きょうもポチッとお願いします!!  →   にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ
[PR]
# by a-nekotabi | 2014-05-13 00:38 | ニューヨーク

レコード屋の猫 その3

Bleecker Street Recordsの猫ちゃん
b0138848_23473533.jpg
お店の兄ちゃんに名前を聞くと、scuzzballといって、9歳の男の子だそうです。
scuzzballって、どういう意味?と聞くと「さぁ・・・?」というリアクションだったのですが、
のちのち調べてみると、どうもあまり美しい言葉ではないようですね~。
意味わかる人がいたら、教えてください。

それはさておき、店の兄ちゃん、「妹もいる」と教えてくれました。

で、彼女がいるという地下へ向かいます。
b0138848_091514.jpg
scuzzball君が鎮座する段ボール箱の横の階段を降りていくと
b0138848_0143357.jpg
いました~。こちらもグレーの猫ちゃん。

現場ではscuzzball君と見分けがつかなかったのですが、妹ちゃんのほうが人懐こくて
b0138848_016010.jpg
私のコートにスリスリ。

そしてよくよく見ると、兄・scuzzball君とは、襟元の毛並みが違います。
scuzzball君は
b0138848_0185519.jpg
首のあたりの毛が、まるで毛皮のコートの襟のように、ちょっと濃い目のグレーなのです。

ほら、妹ちゃんは襟なしでしょ?
b0138848_0302355.jpg

兄妹で若干の違いがあるBleecker Street Recordsの猫たち。

でも、店の名刺に
b0138848_021712.jpg
2Fat Catsとか2HUGE CATSと書かれているように、2匹ともちょっと太めなのは共通です。
ま、それだけ可愛がられているということでしょうか?

ちなみに、お店には猫Tシャツ(15ドル)もあり、
b0138848_0232482.jpg
私は、色違いの3枚全部、まとめ買いしました。


猫関連のレコードも置いて欲しいね。ポチッとね!!  →   にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ
[PR]
# by a-nekotabi | 2014-05-10 23:45 | ニューヨーク

レコード屋の猫 その2

看板は残っていたのだが、店は跡形もなくなっていたBleecker Street Records
まぁ、旅先で思い通りにならないことは、よくあることなので、次の目的地に向かおうか・・・とも思った。

しかし、なぜかこの時はあきらめきれなくて(マチルダ様にふられたせい?)、
しばらく悩んだ挙げ句、意を決して、かつて店があったであろう場所の隣で 改築工事作業中のお兄ちゃんに声をかけた。

「Bleecker Street Recordsは、どこ?」

すると、お兄ちゃんは
「あ~、移転したよ。 新しい場所はね~・・・」
と あっさり親切に教えてくれた。

彼が教えてくれたとおりに歩いていく。
b0138848_23124153.jpg
アメリカの鮮魚運搬車?

b0138848_23125269.jpg
芸術性のかけらも感じられない落書き

b0138848_2313275.jpg
クリスマスが終わったから捨てられたのか?もみの木。

あきらめかけた行き先がわかった心強さもあって、目に入るもの何でも愛でられる心の余裕がある。


で、しばらく行くと
b0138848_2316088.jpg
あった!! Bleecker Street Records。

・・・あ、そういえば、移転したのはいいけど、猫はどうしたんだろう・・・。
店が新しくなったのを機に、もういなくなっちゃってたりして?


ふと弱気な気分が襲ってきた。

でも、ここまで来れたんだから!と勇気を出して店のドアを開ける。


たくさんのレコードが並ぶ店内を歩く。


いるのか? 猫?


いた!!

b0138848_23211015.jpg
グレーの毛並みが美しい猫ちゃんだ。

b0138848_23231062.jpg
よかった~。お店と一緒に引っ越してきたんだね!
それにしても、陣取ってる段ボール、ボロボロだね。

b0138848_23232943.jpg

でも大丈夫。お店の奥には他にも段ボールがいっぱい。
b0138848_2325438.jpg

ちゃんと猫ハウスもありました。



つづく・・・。ポチッ!!  →   にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ
[PR]
# by a-nekotabi | 2014-05-09 22:05 | ニューヨーク