ニューヨーク 野良猫探し

ハーレムツアーを探している最中、ひょんなことから現地に住む猫好きさんと知り合うことができました。

ニューヨークで野良猫を撮影することはあきらめていたんだけど、
彼女と知り合うことができて、俄然、野良猫に出逢える可能性が出てきました。


現地に行くまでメールでやりとりするだけだった猫好きさん、どんな方か、実はちょっと不安でした。
が、逢ってみると、同い年で、おまけに出身地がごく近所だということが判明。
猫に対する考え方も似ていて、いっきに旧知の友であるかのように和みました。

彼女は「いつもはいるけど、寒い時期だから、本当に顔を見られるかどうか、わからないですよ~」
と、しきりに気にしていましたが、
「いや~、野良猫を撮影しようっていう時点で、逢えなくてもしょうがないと思ってますから・・・」
と、結構お気楽に構えていた私。
まぁ、ふだんの撮影で空振りには慣れてますからね。


彼女の案内で出かけたのは、マンハッタンからイーストリバーを挟んだ対岸側の某所。
目的地近くの地下鉄の駅を降り立つと、自分では絶対来なかったであろう場所に来たというだけで、もうワクワクしている。

早速、第一の目的地に向かい歩き始めると・・・

いきなり猫発見。
b0138848_0242341.jpg
わかりますか?
左側の車のナンバープレートの下あたり、車の向こうを歩く猫さんを発見しました。

ほら。
b0138848_0265624.jpg


車に興味を示すのは万国共通のようです。
b0138848_0275351.jpg

ひとしきり車と戯れた後、 
b0138848_0293694.jpg
道路を横断し

緑色の塀の前で
b0138848_0304312.jpg
ごろん

その後 そそくさと
b0138848_031632.jpg
塀の向こうへ

消えて行ったのでした。
b0138848_0312216.jpg


ちなみに最初の写真、TOMCATS BARBER SHOPというお店の名前に気づいたのは、日本に帰ってからでした。




きょうもポチッとお願いします!!  →   にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ
[PR]
# by a-nekotabi | 2014-06-30 00:40 | ニューヨーク

ハーレムツアー その2

ニューヨーク市立大学を後にして、次に立ち寄ったのは、
b0138848_2271928.jpg
モリス・ジュメル・マンション。
1765年に建てられた、マンハッタンで最も古い家だそう。
独立戦争の時には、ジョージ・ワシントンが総司令部として利用した、由緒ある建物なのだが、
早朝につき、中に入れるわけでもなく、こちらも大した感慨もなく、過ぎ去る。

ただ、このモリス・ジュメル・マンションの向かいにあった建物が とってもかわいらしかったのが印象的だった。
b0138848_22162252.jpg
この通りは1ブロック全部が木造家屋だそうで、日本の‘長屋’を彷彿とさせる雰囲気があった。
時間があれば、こうゆうところをゆっくり巡ってみたいものだ。

さて、いろんなところに立ち寄りながら、ようやくハーレムへ。
b0138848_22184434.jpg

車の窓越しに通りを眺めていると、ガイドブック片手に歩く日本人らしき女性の姿があった。
明るい時間帯、大通りくらいなら歩いても大丈夫なんですかねぇ。。。

b0138848_22262424.jpg
アポロシアター。
ここは やっぱり、夜に来たいところ。

b0138848_22295100.jpg
ハーレム・ピカソさん。
彼は25年以上に渡って ハーレムのシャッターに無償で絵を描き続け、ハーレムのイメージを変えた人なのだそうです。
奥様は日本人だそうで、彼の生涯をまとめた日本語のウェブサイトもありました。
b0138848_22423245.jpg

ハーレム・ピカソさんの絵を堪能した後、教会へ。
b0138848_22435020.jpg
教会の中は撮影禁止。
なので、写真はここまでなのですが、初めて聞いたゴスペル、凄かったです。
この人たち、ホントに素人なの?って思うくらい歌がうまいし、
中には‘お笑い’的要素も感じられる出し物もあって、この人たちの演技力、表現力もプロなみ。
こりゃ~NYじゃ、相当、芸達者じゃないと、プロのアーティストとして認められないわな~と実感したのでした。

今回のツアー、わりと大きめの旅行社のツアーに参加したのだけど、
実は、いろいろなツアーを物色しているうちに、なんとも素敵なご縁にめぐり合えたのでした。



続きはまたね。ポチッと!!  →   にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ
[PR]
# by a-nekotabi | 2014-06-24 22:06 | ニューヨーク

ハーレムツアー

ニューヨークで参加した、もうひとつの現地ツアーは、ハーレムツアー。
大学時代、黒人文学をちょびっとだけ かじったこともあって、ハーレムには行ってみたかった。
それに、「天使にラブソングを」を観て以来、本物のゴスペルを、ぜひ聞いてみたいと思っていた。

ホントは気ままな一人歩きを楽しみたいところだが、
昔に比べて治安は良くなったとは言え、何となく一人で歩く勇気は出ず、現地ツアーに参加したのであった。


朝7時、ホテルでピックアップしてもらって、最初に向かったのはコロンビア大学。
b0138848_2136785.jpg

宇多田ヒカルも オバマも、ここに通っていたのかな~。
などと思いながら、歩く。
b0138848_21371150.jpg

けど、コロンビア大学に さして思い入れがあるわけでもなく、
早朝のため、人も歩いていないので、大した感慨もなく 大学を後にする。
b0138848_21394240.jpg

次に南北戦争で北軍の将軍を務めたというグラント将軍の墓にも立ち寄ったが、
こちらもさして興味がないので、写真すら撮っていない。

続いて立ち寄ったのが、こちら。
b0138848_21462335.jpg

何?ここ、宮殿か?はたまた、新手の結婚式場か?
と思ったら、ニューヨーク市立大学だって。
b0138848_21472690.jpg

日曜の早朝、コロンビア大学同様、学生の姿はなく、リスだけが構内を駆け回っていた。
b0138848_2151749.jpg




ハーレムへ続く・・・ポチッと!!  →   にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ
[PR]
# by a-nekotabi | 2014-06-22 21:52 | ニューヨーク

マンハッタン&ブルックリン撮影ツアー?

さて、グランドセントラル駅集合の撮影ツアー。

朝9時集合で、早めに着いて、ちょこちょこ駅内を撮影してから待ち合わせ場所に向かう。
撮影ツアーだから、きっと大きなカメラを持った人たちがいるんだろうな~
と思いながら 待ち合わせ場所に来たのだが、見回したところ、‘それらしき人’はいない。

やがて目印となるガイドブックを持ったガイドさんに会えた。

・・・が、カメラ持ってない。

そうこうするうち、他の参加者のみなさんとも合流。
若いカップル、中学生くらいの子供連れのお母さん、一人旅の中年男性、おなじく一人旅の若い女性。
・・・誰もカメラ持ってない。

あれ?どうゆうこと?

ガイドさんに聞いた。
「あの~、これって、‘プロカメラマンが案内する撮影ツアー’ですよね?」
ガイドさん「あ、正しくは‘プロカメラマンがご案内する マンハッタン&ブルックリン お散歩ツアー’ですよ」
b0138848_0522373.jpg

あちゃ~、間違えた!!

ガイドさん「まぁ、年に2人くらい撮影ツアーだと思って参加する人もいますから、大丈夫ですよ」

というわけで、まったくの勘違いで参加したツアーでしたが、
若い人たちにとっては「ゴシップガール」とか「セックス・アンド・ザ・シティ」の影響で、ニューヨークが結構人気なんだ、とかブルックリンやソーホーなど、自分ひとりじゃサクサク行けないようなところにも案内してもらえたので、これはこれで良かったのかな~と思います。

以下、その撮影お散歩ツアーで撮った写真を羅列します。

まずはブルックリン・ブリッジ
b0138848_0594395.jpg

b0138848_059331.jpg
b0138848_101448.jpg
b0138848_101229.jpg

ブルックリン側から見るマンハッタン
b0138848_105125.jpg

D.U.M.B.Oダンボ地区界隈で見た風景
b0138848_104657.jpg
b0138848_113038.jpg
b0138848_11359.jpg
b0138848_121226.jpg

SOHO界隈
b0138848_12246.jpg
b0138848_13050.jpg




きょうもポチッとお願いします!!  →   にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ
[PR]
# by a-nekotabi | 2014-05-31 00:42 | ニューヨーク

ニューヨーク グランドセントラル駅 その2

2013年、開業100周年を迎えたニューヨーク グランドセントラル駅。
b0138848_0303815.jpg
天井には星座が描かれていて、本当に美しい駅だと思った。

ガイドさんによると、100年もの歴史の間に駅舎は かなり汚れていたらしく、
1998年にリニューアルされるまで、天井は真っ黒だったそうだ。

ご丁寧に 天井には、その証拠が残されていた。
b0138848_0353528.jpg
写真の真ん中、海苔のようにぺタッと残った黒いシミ。
これ、100年の間にこびりついた汚れで、その原因はタバコのヤニだそうな。。。

昔はどこでも、モクモクでしたもんね~。

もちろん現在は、駅舎内は禁煙。
100年後、クリーンなままで保たれているのでしょうか?


きょうもポチッとお願いします!!  →   にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ
[PR]
# by a-nekotabi | 2014-05-28 00:27 | ニューヨーク