「ほっ」と。キャンペーン

<   2014年 05月 ( 11 )   > この月の画像一覧

マンハッタン&ブルックリン撮影ツアー?

さて、グランドセントラル駅集合の撮影ツアー。

朝9時集合で、早めに着いて、ちょこちょこ駅内を撮影してから待ち合わせ場所に向かう。
撮影ツアーだから、きっと大きなカメラを持った人たちがいるんだろうな~
と思いながら 待ち合わせ場所に来たのだが、見回したところ、‘それらしき人’はいない。

やがて目印となるガイドブックを持ったガイドさんに会えた。

・・・が、カメラ持ってない。

そうこうするうち、他の参加者のみなさんとも合流。
若いカップル、中学生くらいの子供連れのお母さん、一人旅の中年男性、おなじく一人旅の若い女性。
・・・誰もカメラ持ってない。

あれ?どうゆうこと?

ガイドさんに聞いた。
「あの~、これって、‘プロカメラマンが案内する撮影ツアー’ですよね?」
ガイドさん「あ、正しくは‘プロカメラマンがご案内する マンハッタン&ブルックリン お散歩ツアー’ですよ」
b0138848_0522373.jpg

あちゃ~、間違えた!!

ガイドさん「まぁ、年に2人くらい撮影ツアーだと思って参加する人もいますから、大丈夫ですよ」

というわけで、まったくの勘違いで参加したツアーでしたが、
若い人たちにとっては「ゴシップガール」とか「セックス・アンド・ザ・シティ」の影響で、ニューヨークが結構人気なんだ、とかブルックリンやソーホーなど、自分ひとりじゃサクサク行けないようなところにも案内してもらえたので、これはこれで良かったのかな~と思います。

以下、その撮影お散歩ツアーで撮った写真を羅列します。

まずはブルックリン・ブリッジ
b0138848_0594395.jpg

b0138848_059331.jpg
b0138848_101448.jpg
b0138848_101229.jpg

ブルックリン側から見るマンハッタン
b0138848_105125.jpg

D.U.M.B.Oダンボ地区界隈で見た風景
b0138848_104657.jpg
b0138848_113038.jpg
b0138848_11359.jpg
b0138848_121226.jpg

SOHO界隈
b0138848_12246.jpg
b0138848_13050.jpg




きょうもポチッとお願いします!!  →   にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ
[PR]
by a-nekotabi | 2014-05-31 00:42 | ニューヨーク

ニューヨーク グランドセントラル駅 その2

2013年、開業100周年を迎えたニューヨーク グランドセントラル駅。
b0138848_0303815.jpg
天井には星座が描かれていて、本当に美しい駅だと思った。

ガイドさんによると、100年もの歴史の間に駅舎は かなり汚れていたらしく、
1998年にリニューアルされるまで、天井は真っ黒だったそうだ。

ご丁寧に 天井には、その証拠が残されていた。
b0138848_0353528.jpg
写真の真ん中、海苔のようにぺタッと残った黒いシミ。
これ、100年の間にこびりついた汚れで、その原因はタバコのヤニだそうな。。。

昔はどこでも、モクモクでしたもんね~。

もちろん現在は、駅舎内は禁煙。
100年後、クリーンなままで保たれているのでしょうか?


きょうもポチッとお願いします!!  →   にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ
[PR]
by a-nekotabi | 2014-05-28 00:27 | ニューヨーク

ニューヨーク グランドセントラル駅

前回のタイ旅行で現地発着ツアーに味を占めた私。
今回のニューヨーク旅行でも 積極的に現地ツアーを利用しました。

まずは「プロカメラマンと行く、マンハッタン&ブルックリン撮影ツアー」!!

せっかく一眼レフ2台持って行くんだもの。プロカメラマンにしっかり指導してもらおう!と張り切っておりました。

集合場所は、グランドセントラル駅。
b0138848_23451229.jpg

ニューヨークと他の州とを結ぶ列車のターミナル駅。
b0138848_2350382.jpg

人々の出会いと別れの場である駅というのは、なんともドラマティックな風情があって、なんだか切ない気分になります。。。
b0138848_23521858.jpg

このグランドセントラル、2013年、開業100周年を迎えたそうです。

先週、「サザエさん」を見ていたら、東芝のCMが流れていて、 なんと、グランドセントラルの照明は、東芝のLEDライトなのだそうです!
詳しくはコチラ

2013年11月21日~12月26日までは東芝プレゼンツのライトアップショーも行われていたようで、知っていれば見に行ったのに・・・。
私がグランドセントラルに行ったのは、翌日。
うう~ん、惜しいことをしました。

ちなみに、東芝のCM、グランドセントラルで撮影されたものもありました。
東芝のウェブサイトでどうぞ。
行ったことある場所が、テレビで見られるって、ミーハーだけど、楽しいですね。



きょうもポチッとお願いします!!  →   にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ
[PR]
by a-nekotabi | 2014-05-26 00:07 | ニューヨーク

本場の味

グリニッチ・ビレッジで猫探しの途中、ちょっと小腹が空いたので食べたコレ、な~んだ?
b0138848_1243393.jpg
そう、アメリカンドッグですよね?

アメリカでアメリカンドッグを食べないなんて、大阪でたこ焼き食べないのと同じじゃないですか。

即、食べました。

味は日本のと全く同じで、安心しました。

しかし、このアメリカンドッグ、本場ではアメリカンドッグとは言わず、corn dogと言うそうです。
衣にとうもろこしの粉を使っているからだそうですが、そんなことはつゆ知らず。
でも、指差し注文でしたから、何の問題も無かったんですけどね。



きょうもポチッとお願いします!!  →   にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ
[PR]
by a-nekotabi | 2014-05-15 01:18 | ニューヨーク

ニューヨーク、次なる猫ちゃんは?

中古レコード店Bleecker Street Recordsで、無事、猫ちゃんたちに逢えて ご満悦の私、
調子に乗って、次なる目的地に向かいます。

場所は、レコード店から直線距離にして400m弱。
b0138848_0444095.jpg
Ave. of The Americas沿いにあるお店
b0138848_0453628.jpg
C.O.bigelow Chemistsというドラッグストアです。

このお店、「地球の歩き方」などガイドブックにも載っているお店で、
なんでも、1838年創業のアメリカで最も古い調剤薬局なのだとか・・・。
オリジナルコスメも人気で、3年ほど前からは日本のデパートでも買えるようで、
まぁ、看板猫に逢えなくても、お土産の一つ二つ買えればいいかな~と軽い気持ちで行ってみました。

・・・が、

お店に着くと
b0138848_0531831.jpg
いきなり、いました。

わかります?

ほら
b0138848_0545725.jpg
入り口のカウンターでお客様をお迎えしているとは、なんと素晴らしい看板猫でしょう。

b0138848_0583455.jpg
お店の方に聞くと、名前は、アレグラちゃんだそうです。なんと薬局らしいネーミングでしょう。

お店の中も 素敵です。
b0138848_151151.jpg
インテリアは1902年のものだそうで、古い映画の1シーンに出てきそうな雰囲気。

アレグラちゃんに逢えなくても、この雰囲気に浸りながらお土産探しするだけでも 楽しいかと思います。
b0138848_11465.jpg





きょうもポチッとお願いします!!  →   にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ
[PR]
by a-nekotabi | 2014-05-13 00:38 | ニューヨーク

レコード屋の猫 その3

Bleecker Street Recordsの猫ちゃん
b0138848_23473533.jpg
お店の兄ちゃんに名前を聞くと、scuzzballといって、9歳の男の子だそうです。
scuzzballって、どういう意味?と聞くと「さぁ・・・?」というリアクションだったのですが、
のちのち調べてみると、どうもあまり美しい言葉ではないようですね~。
意味わかる人がいたら、教えてください。

それはさておき、店の兄ちゃん、「妹もいる」と教えてくれました。

で、彼女がいるという地下へ向かいます。
b0138848_091514.jpg
scuzzball君が鎮座する段ボール箱の横の階段を降りていくと
b0138848_0143357.jpg
いました~。こちらもグレーの猫ちゃん。

現場ではscuzzball君と見分けがつかなかったのですが、妹ちゃんのほうが人懐こくて
b0138848_016010.jpg
私のコートにスリスリ。

そしてよくよく見ると、兄・scuzzball君とは、襟元の毛並みが違います。
scuzzball君は
b0138848_0185519.jpg
首のあたりの毛が、まるで毛皮のコートの襟のように、ちょっと濃い目のグレーなのです。

ほら、妹ちゃんは襟なしでしょ?
b0138848_0302355.jpg

兄妹で若干の違いがあるBleecker Street Recordsの猫たち。

でも、店の名刺に
b0138848_021712.jpg
2Fat Catsとか2HUGE CATSと書かれているように、2匹ともちょっと太めなのは共通です。
ま、それだけ可愛がられているということでしょうか?

ちなみに、お店には猫Tシャツ(15ドル)もあり、
b0138848_0232482.jpg
私は、色違いの3枚全部、まとめ買いしました。


猫関連のレコードも置いて欲しいね。ポチッとね!!  →   にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ
[PR]
by a-nekotabi | 2014-05-10 23:45 | ニューヨーク

レコード屋の猫 その2

看板は残っていたのだが、店は跡形もなくなっていたBleecker Street Records
まぁ、旅先で思い通りにならないことは、よくあることなので、次の目的地に向かおうか・・・とも思った。

しかし、なぜかこの時はあきらめきれなくて(マチルダ様にふられたせい?)、
しばらく悩んだ挙げ句、意を決して、かつて店があったであろう場所の隣で 改築工事作業中のお兄ちゃんに声をかけた。

「Bleecker Street Recordsは、どこ?」

すると、お兄ちゃんは
「あ~、移転したよ。 新しい場所はね~・・・」
と あっさり親切に教えてくれた。

彼が教えてくれたとおりに歩いていく。
b0138848_23124153.jpg
アメリカの鮮魚運搬車?

b0138848_23125269.jpg
芸術性のかけらも感じられない落書き

b0138848_2313275.jpg
クリスマスが終わったから捨てられたのか?もみの木。

あきらめかけた行き先がわかった心強さもあって、目に入るもの何でも愛でられる心の余裕がある。


で、しばらく行くと
b0138848_2316088.jpg
あった!! Bleecker Street Records。

・・・あ、そういえば、移転したのはいいけど、猫はどうしたんだろう・・・。
店が新しくなったのを機に、もういなくなっちゃってたりして?


ふと弱気な気分が襲ってきた。

でも、ここまで来れたんだから!と勇気を出して店のドアを開ける。


たくさんのレコードが並ぶ店内を歩く。


いるのか? 猫?


いた!!

b0138848_23211015.jpg
グレーの毛並みが美しい猫ちゃんだ。

b0138848_23231062.jpg
よかった~。お店と一緒に引っ越してきたんだね!
それにしても、陣取ってる段ボール、ボロボロだね。

b0138848_23232943.jpg

でも大丈夫。お店の奥には他にも段ボールがいっぱい。
b0138848_2325438.jpg

ちゃんと猫ハウスもありました。



つづく・・・。ポチッ!!  →   にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ
[PR]
by a-nekotabi | 2014-05-09 22:05 | ニューヨーク

レコード屋の猫

今回の旅の一番の目的であったアルゴンキンホテルのマチルダ様には まんまとふられたわけだが、
さすがにマチルダ様だけに逢いに行くんじゃ、コストがかかりすぎる。
というわけで、出発前に猫が居そうな場所の目星は、いくつかつけていた。

マンハッタンをぶらついたところで、野良猫に逢うことは季節的にも至難の業であろうから、当然、目星をつけていたのは飼い猫である。


まず1ヶ所目は、Bleecker Street Recordsという中古レコード屋さん。
「地球の歩き方 ニューヨーク」にも載っていたので、それなりに有名なお店なんだろう。
ロック、ジャズ、ブルースが主流で、ジャズの掘り出しモノも眠っているそうな。
場所はグリニッチ・ビレッジ。 最寄り駅はW4thSt. Wash Sq.。
有名なBlue Noteにも近いから、猫好きじゃなく、ジャズ好きの人におススメかもしれない。

「地球の歩き方」の地図によれば、駅からAve. of The Americasを南下し、
店名通り、Bleecker St.を右折すれば すぐに店があるはずだった。

ところが、
b0138848_22425354.jpg
地図どおりに歩いているはずなのに、レコード屋さんなんて、無い。

何回か引き返したり、道の反対側を見てみたりしながらBleecker St.を行き来するが、それらしきものは無い。
b0138848_22453281.jpg


そういえば、このBleecker St.、なんだか新しいお店が多い。
b0138848_22471623.jpg
特にチョコレート屋さんが何軒もあって、かなりそそられる。
どっか入って、ホッとチョコレートでも頂こうか・・・
と立ち止まって、ふと見上げると
b0138848_2249284.jpg
Bleecker Street Recordsの看板!!

なんだ~、やっぱり、ここだったのね~♪

と近づくと、そこにお店は無かったのである。



きょうもポチッとお願いします!!  →   にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ
[PR]
by a-nekotabi | 2014-05-08 22:24 | ニューヨーク

アルゴンキンのマチルダ その2

大枚はたいて2泊したアルゴンキンホテル。
いよいよチェックアウトする日の朝、朝食もホテルのレストランでとることにした。
b0138848_30463.jpg
もちろんウェイターさんに「マチルダが現れたら教えてね。」とお願いして。

頂いたのは
b0138848_31410.jpg
アメリカンブレックファストだったか、約35ドル。
ボリュームいっぱい。

11時ごろにチェックアウトすればよかったので、
マチルダを待ちながら のんびり食べていたら、隣の紳士に「マチルダを待っているのか?」と声をかけられた。

聞くと その紳士は3ヶ月に1回だか、結構、このホテルに泊まっているのだが、
マチルダに逢うのは稀だよと言う。彼女はシャイだね・・・と。

え、ええ~、そうだったの?早く言ってよ!

甘かった。ホントにアタシは甘かった。

というわけで、最終日もマチルダの顔を拝むことができず、ホテルを去ったアタシ・・・。

せっかくニューヨークまで行ったのにマチルダに逢えなかったのか?

・・・というと、実は、初日に逢うことが出来ていたのです。
(じらしてゴメンね。)

チェックイン当日、ホテルに着くなり、「マチルダに逢うために日本から来ました!」とアピール。
すると、ポーターのおじさんが、マチルダはここだよ!とフロント脇の荷物置き場に連れてってくれた。
b0138848_3245110.jpg
なんと!!
重厚な老舗ホテルのドアに、ちゃんと猫専用入り口がしつらえてあるではないか!!

中に入ると、マチルダ様!
b0138848_314374.jpg
うう~ん、おくつろぎ中です。

b0138848_3155998.jpg
でも、なんかイマイチ、覇気がない?
そっか~、ここは楽屋だもんね。やっぱりステージに立った、凛とした姿が撮りたいわ~。
それに、楽屋じゃ、背景も絵にならないしね~。
ま、2日も居りゃ、ロビーを颯爽と歩くお姿にもお目にかかれるでしょう
・・・と思ったのが全ての過ちだった・・・。

一期一会。
どんな猫との出逢いも、その一瞬一瞬に全精力を注がなければならないのですね・・・。
b0138848_3195664.jpg
高い授業料だったニャ~。。。



きょうもポチッとお願いします!!  →   にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ
[PR]
by a-nekotabi | 2014-05-07 00:07 | ニューヨーク

アルゴンキンのマチルダ

マチルダに逢うために、これまでの人生で一番高い宿泊代金を払ってまでも泊まったアルゴンキンホテル。
撮影対象が猫である以上、1泊では良い写真が撮れないかも・・・と思った私は、思い切って、2泊した。
宿泊代金は2泊で13万3400円。

がんばった。

たぶん、こんな大枚はたいて泊まることは、この先、無いだろう。

それほどまでに、今回の旅では、マチルダと友だちになること、そして彼女の写真を撮ることにかけていた。

・・・が、結果的に、失敗した(涙)。

それほどまでにマチルダの写真を撮りたかったのに、
現地に行くと、ついつい欲が出て5番街に行ったり、夜はライトアップを観に行ったりしてしまい、
じっくりホテルロビーでマチルダ待ちをしなかった。
というか、
「マチルダは気が向けばロビーに出てくるだろう、ちょこちょこ出たり入ったりしていれば、偶然、マチルダと鉢合わせすることもあるだろう」とタカをくくっていたのだ。

ところが、1日目が終わっても、マチルダがロビーをうろつくことはなかった。

2日目の夕方になってもマチルダがロビーを闊歩する姿は拝めなかった。

焦った。

13万円も払って泊まったのに、航空運賃だってかかってるのに、一体アタシは何のためにニューヨークまで来たんだ!?

で、意を決して、2日目の晩御飯はアルゴンキンのレストランで食べることにした。
b0138848_2441316.jpg
ホテルディナーは高いけど、ここまできたら仕方ない。
b0138848_2401089.jpg
ホタテのリゾットに白ワイン、カプチーノを頂き、約80ドル。
b0138848_2402941.jpg
高かったけど、さすがに老舗ホテル、ホタテのリゾットは濃厚なうまみが凝縮されていて、とてもおいしかった。
あの味は、忘れられない・・・。

食事中、マチルダが現れたら声をかけてね、とウェイターにお願いしていたのだが、結局、声をかけられることはなく、空振り。

泣きたい気持ちを押さえ、昔、サツ回り(警察担当)の記者が言ってた言葉を思い出す。
・・・夜討ち朝駆け・・・

翌日はチェックアウト。
ラストチャンスだ。

そうしてアタシは、翌日の朝食も、大枚はたいてホテルでとることに決めたのである。




きょうもポチッとお願いします!!  →   にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ
[PR]
by a-nekotabi | 2014-05-06 00:20 | ニューヨーク