<   2014年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧

ニューヨーク 観光スポットめぐり その2

b0138848_030428.jpg
自由の女神を後にして、立ち寄ったのはエリス島
b0138848_0313938.jpg

このエリス島は、1892~1954年まで移民局があったところで、現在は移民博物館となっています。
b0138848_0332044.jpg

アメリカといえば、移民の国ですが、
エリス島に移民局が設けられていた約60年の間に1200万人もの移民がアメリカに上陸したそうです。
現在のアメリカ国民のおよそ3分の1にあたる人の祖先は、このエリス島から入国したといわれています。
b0138848_0315646.jpg

博物館には、そんな移民に関する説明があり、ヨーロッパから船で渡ってきた移民の中には病気を患っている人もいて、このエリス島に一時抑留され、中には家族と引き離され、強制送還させられるケースもあったことを知りました。
b0138848_0323945.jpg
たくさんの移民がやってきた時代。
受け入れる側からすれば、病気だったり、身元が明らかでなかったり、国のためになるかどうかわからない人を、おいそれと受け入れるわけにはいきません。
受け入れる側の事情もわかります。
b0138848_174024.jpg

しかし一方で、このエリス島にやってきた移民の気持ちを考えると複雑です。
貧窮や宗教的迫害など、事情をかかえて祖国を離れる決意をし、自由の国・アメリカで幸せをつかもうと はるばるやってきた人たち。
特に、このエリス島に上陸させられたのは、三等以下の客船の乗客だったそうです。
一等、二等に乗れるような富裕層は船内で簡単な入国審査があるだけで、直接ニューヨークに上陸できたのだそうです。

貧しさや苦しみを経て、ようやく、その苦境から自由になれると信じて、アメリカにやって来たのに・・・。
ふと、博物館のホールの窓の外に目をやると、自由の女神がモノクロームにかすんで見えました。
b0138848_0372225.jpg


これまでエリス島のことを全く知らなかったのですが、たまたま今回の旅でその存在を知りました。

そして帰国後、このエリス島が登場する映画「エヴァの告白」が公開されるのを知り、観に行ってきました。
b0138848_038142.jpg

物語は1921年1月、戦火のポーランドを逃れ、ニューヨークにやってきたエヴァと妹が、エリス島で入国審査を受けるところから始まります。
長い船旅の最中に肺を患った妹は、入国審査のドクターに見つかり、エリス島内の施設に隔離されてしまいます。
妹を救うため、エリス島で出逢ったある男に導かれ、エヴァは娼婦に身を落としていく・・・という話なのですが、
1920年代の禁酒法時代、闇で酒を売る店やそこで行われるショービジネスの世界が描かれていました。

20世紀初頭のニューヨークといえば、マンハッタンの高層ビルの建築も始まっており、現代の繁栄の礎ともいえる時代です。
そんな中、低賃金で働かされていた移民やマフィアの世界など、光あるところには影もある、
その影の部分に行かざるを得なかった移民の辛さや苦しみを思い知らされる映画でした。

邦題では「エヴァの告白」ですが、原題は「THE IMMIGRANT」ずばり、「移民」です。
この映画はフィクションですが、監督がジェームズ・グレイ(1969年生まれ、ニューヨーク出身)という人で、彼の祖母はロシア系ユダヤ人なのだそうです。
その祖母は1923年にウクライナ(当時はロシア)からアメリカに移住した人で、祖母から聞いたエリス島での話、アメリカになじめなくて辛かった話を基に、この作品を作ったのだそうです。
リサーチを重ね、できるだけ当時のエリス島の様子、移民の様子を忠実に描いたということです。

ちょっと自慢っぽくなりますが、
映画の中で、「あれ?ここ、観たことあるな~」と思う場所が出てきた時、「あ~、監督がユダヤ系移民だから、たぶんユダヤ人が多く入植したロウアー・イーストサイドあたりかな~」と思えたり、
ポーランド人であるエヴァの親戚がマンハッタンではなく、ブルックリン橋の向こうに住んでいるという話が出てきた時には、ブルックリンの方へ行ったときに「この辺はポーランド系移民が多い」なんて聞いたことを思い出したり、
何より、映画の冒頭で移民博物館のホールの映像がど~んと出てたとき、「そうそう、まさにここだった~」と思えたり、行ったからこそ、感慨深く観られる映画でした。
b0138848_0402116.jpg


情報機器の発展で、今や家に居ながらにして いろんなところに「行った気になれる」時代ですが、やっぱり現地に足を運び、自分の五感で感じてこそ、得られるものがある
だから旅は楽しいのだと、この映画を観て、改めて思いました。

ちなみに、映画といえば、先日のアカデミー賞で作品賞を受賞した「それでも夜は明ける」は黒人奴隷の問題を扱った作品です。
b0138848_0413983.jpg
移民博物館には、黒人移民のこと、奴隷制度のことも紹介されていました。


ニューヨークと言うと、華やかな部分に目が行きがちですが、
その華やかさを支えてきたのは、移民に端を発する様々な人種の人々であり、彼らが送ってきた苦悩の日々にも目を向けることを忘れちゃいけないなぁと思います。
移民の歴史を今に伝えるエリス島。今回の旅の中でも特に心に残る場所でした。
b0138848_042189.jpg





きょうもポチッとお願いします!!  →   にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ
[PR]
by a-nekotabi | 2014-03-27 00:28 | ニューヨーク

ニューヨーク 観光スポットめぐり その1

初めてのニューヨーク。
やっぱりここ行かにゃいかんでしょ~と言うことで、行って来ました自由の女神

地下鉄でマンハッタンの最南端、バッテリーパーク駅へ。
b0138848_22213547.jpg

そこから歩いて5分ほどのスタチュー・クルーズのフェリー乗り場へ。
b0138848_2223511.jpg

チケットはネットであらかじめ購入済み。
朝1番だったこともあり、すいすい入って行けましたが、乗船前のセキュリティチェックで少し並ばなければなりませんでした。
このスタチュー・クルーズに限らず、ニューヨークの定番観光スポットは、いちいちセキュリティチェックがあるので、荷物少なめ、脱ぎ着のしやすい服装がおススメです。

フェリーに乗って、出航。
b0138848_22242661.jpg
マンハッタンが、どんどん遠ざかります。

自由の女神は前方、右側に見えてくるため、島に近づくにつれ、船は右側に傾きます。
b0138848_22302144.jpg

15分ほどのクルーズで自由の女神があるリバティ島に到着。
b0138848_22304515.jpg

間近で見る自由の女神は、デカイです。
b0138848_22305733.jpg


台座の中は博物館になっていて、自由の女神の細部や作られる過程を見ることができます。
b0138848_22312085.jpg
b0138848_2231299.jpg
b0138848_22315043.jpg

さらに、あらかじめ入場券を入手しておけば、王冠の部分まで上ることができます。
数少ない入場券を、ネットでかなり早めに申し込んでおかなければならないので、私は断念しましたが、こんな階段を登っていくようです。
b0138848_22321926.jpg


自由の女神といえば、やはりアメリカのシンボル。
一度は行っておいて良かったな~と思いました。
・・・が、正直言うと、それほどの感慨はありませんでした。

それよりも、思いのほか良かった場所が、自由の女神からマンハッタンへ戻る途中にありました。
b0138848_22345276.jpg


自由の女神 スタチュークルーズのチケットはhttp://www.statuecruises.com/で購入できます。


きょうもポチッとお願いします!!  →   にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ
[PR]
by a-nekotabi | 2014-03-24 22:40 | ニューヨーク

ニューヨーク 旅の予算と宿泊ホテル その2

ニューヨークでの宿泊。
トータルで安く上げるために今回は3種類の宿を選びました。
まとめると、こんな感じ。
①格安!アパートメントホテル ②老舗!高級ホテル ③おしゃれ!デザイナーズ系ホテル


まず最初に泊まったのが、格安アパートメントホテル。
わかりやすく言うと、素泊まり民宿のアパート版って感じでしょうか。
私が泊まったところは、アパート1室の中に3部屋あって、つまり、3組が宿泊できるところでした。

ホテルというのは名ばかりで、建物入り口もホテルのようなエントランスはなく、ふつうのアパート。
b0138848_2022965.jpg

エレベーターはなく、階段使用。
b0138848_20275596.jpg

アパートの別の部屋は、ふつうに現地住民、家族とかが住んでるようです。
b0138848_20283755.jpg
私はネットで予約したのですが、安全上、アパートの場所は公表されておらず、現地の待ち合わせ場所で管理人さんと落ち合って案内してもらい、宿泊費を支払って、鍵をもらいました。
管理人さんは常駐しているわけではないので、滞在中は勝手気ままに、このアパートの住人のように過ごせます。

部屋はこんな感じ。
b0138848_20364377.jpg
暖房の効きが悪くて、ちょっと寒かったですが、清潔で快適な宿でした。

私が泊まった部屋は、キッチンのすぐ奥。
b0138848_20383625.jpg
キッチンは自由に使えるので、スーパーで食材を買ってくれば、毎日外食するよりは、食費も安くあがります。

部屋にバス・トイレはなく、共用なので、他に宿泊者がいる場合はちょっと気を使いますが、慣れればなんてことはないでしょう。
昔ユースホステルとか好きだった~っていう人には、おススメかもしれません。現地で旅仲間ができて、楽しいかと思います。
私の場合、人見知りなので、そうゆうのは苦手なのですが、滞在してたときは、長期滞在の男性と男の子2人組がいたみたいですが、リビングでかち合うことなく、人見知りな私でもOKでした。
b0138848_20391224.jpg
(ここはリビングね。)

NYには日本人が経営しているアパートメントホテルがいっぱいあって、長期宿泊する人とかリピーターの方々とか、わりと利用しているみたいですね。 (詳しくはコチラ
これで1泊65ドル、3泊で195ドル。時期をはずせば、もっと安く泊まれます。
快適に過ごせる宿でしたが、時期柄、年末は満室で、3泊でOUTせねばならず、次はお目当ての「猫ホテル」へ。


「猫ホテル」の正式名称はThe Algonquin Hotel アルゴンキンホテル。
1902年創業の老舗ホテルです。
b0138848_204620100.jpg

タイムズスクエアやブロードウェイの近くということもあって、著名な劇作家や文学者、演劇関係者が常宿としていたそうです。
b0138848_20471637.jpg

だから、サービスをお願いするためのドアノブカードは
b0138848_20483834.jpg
SERVICE, PLEASE. WENT OUT TO FIND SOME NEW IDEAS.
「新しいアイデアを探しに出かけるから、サービスしといてね」なんて、洒落てません?

逆に邪魔しないでねのカードは
b0138848_20514314.jpg

QUIET, PLEASE. WRITING THE GREAT AMERICAN NOVEL
「アメリカのすっごい小説書いてるから邪魔しないでね」なんて、洒落が効いてますよね~。ただ爆睡してるだけなのに・・・。

さてさて、部屋の中はというと、
b0138848_2055576.jpg
狭いです。
アルゴンキンの中でも一番安いお部屋だったせいか、スーツケースが開けられないくらい狭かったです(泣)。

バス、トイレは
b0138848_2057039.jpg
トイレは問題無し。

シャワールームは
b0138848_20575698.jpg
狭いです。やっぱバスタブは欲しいな~。

まぁ、設備面の不満はありますが、老舗の高級感はありましたね~。

で、宿泊代金は・・・12月28、29日の2泊で13万3,400円!
これ以上連泊すると破産するので、2泊でOUTしました。
気になる猫ちゃんについてはまた後日。


そして最後、12月30、31日に泊まったのは、デザイナーズ系のホテル。
ミッドタウンに近めで比較的安いということで、旅行社からおススメされたホテルですが、それでも2泊で9万3,700円。時期が時期だけに、泣くしかないです。

ホテルの名前はThe Gershwin Hotel ガーシュインホテル。
b0138848_2105110.jpg

エントランスには現代アート的な庇があって、なんともおしゃれ。
b0138848_2124027.jpg
(外装工事中だったのが、ちょっと残念)

オーナーがアンディ・ウォーホルのコレクターで、ロビーにはウォーホルの作品が飾られているということでしたが、チェックするのを忘れていました。

ロビーはこんな感じ
b0138848_2141028.jpg
広々とした空間で、こざっぱりしてます。
フロントの従業員は若い人でしたが、対応はとても親切で良かったです。

建物自体は古いんですが、中は改装されていて、快適でした。
b0138848_2152352.jpg

部屋はこんな感じ。
b0138848_215135.jpg
アルゴンキンより広々してて、ホッとします。

バス・トイレは
b0138848_2162638.jpg
高級感は無いけど、清潔で問題無し。
b0138848_2174496.jpg
バスタブもある♪

ドアの傷も
b0138848_216557.jpg
アートだと思えば、全く気になりません。

立地もなかなか良くって、ホテルのすぐ隣には
b0138848_21165420.jpg
MUSEUM OF SEX(セックス博物館)なんてのもあります。
20ドル弱で入れますが、まぁ、興味のある方は行ってみてください。
私は、ここを出た後、すれ違う男の2人連れがみんなゲイに見えました。
b0138848_2121578.jpg


それはともかく、ガーシュインホテル。
何よりこのホテルが良かったのは、エンパイアステイトビルのすぐそばだってことです!
b0138848_21222452.jpg

早朝、あるいは夜、歩いてエンパイアに行くこともできるので、おススメです。


というわけで、長くなりましたが、今回の宿泊費は7泊でトータル23万円弱!
宿泊費だけでかなり散財する羽目になってしまいましたが、3種類の宿はそれぞれに個性があって、それはそれで旅の楽しみとなりました。


ちなみに、1月3日以降は、宿泊費はど~んと下がりますので、時期を見極めれば半分くらいの予算で行けるはず。ホント、年末年始の旅って、アホらしいですね~。



きょうもポチッとお願いします!!  →   にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ
[PR]
by a-nekotabi | 2014-03-20 20:18 | ニューヨーク

ニューヨーク 旅の予算と宿泊ホテル その1

さんざん悩んだ挙句、決めたNY行き。
b0138848_16361877.jpg

ホテル+航空券パッケージの方が安く上げられる可能性もありましたが、
今回は「猫がいるホテル」に泊まりたかったので、別々に手配することにしました。

航空券は11万円+燃油サーチャージやら出入国税やらでトータル17万円弱。
年末年始なので、こんなもんですかね~。

問題は、ホテル代です。
NYなんて都会ですから、安いホテルも探せばあるだろ~と思ったのが、甘かった。

NYは慢性的なホテル不足で、時期にもよるけど、
東京の1.5倍~3倍くらいに宿泊費が跳ね上がることもあるのだそう。
特にお目当ての「猫ホテル」は、ミッドタウンのど真ん中にある老舗ホテルのため、
一番安いお部屋でも、私が行こうと思った時期には1泊7万円弱。 
そんなに高いホテル、泊まったことがありません!
しかも相手が猫ですから、1泊しただけで確実に会える保障はありません。やっぱり、連泊したい。

もちろん、安い宿も、無いわけでは無いんですよ。
でも、治安や衛生面、交通の便などを考えると、あまりに安い宿も不安なわけですよ。

で、またまた考えた結果、今回は3種類の宿をわたり歩くことにしました。

b0138848_16425940.jpg



きょうもポチッとお願いします!!  →   にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ
[PR]
by a-nekotabi | 2014-03-19 16:48 | ニューヨーク

ニューヨークまでの道のり  

2013年12月25日から2014年1月1日にかけて滞在したニューヨーク。
b0138848_22172335.jpg

だいぶ時間が経ってしまいましたが、旅の備忘録として、ぼちぼちとまとめていこうと思います。

まず、今回、何故、ニューヨークを選んだのか?
ちょっと長くなるし、自分のおバカっぷりを暴露することにもなりますが、書きますね。

実は当初は、全くニューヨークに行く気はありませんでした。
だって、猫目当てだと、ニューヨークはなかなか厳しい。
ニューヨークに限らず、先進国では、動物愛護の精神が浸透していることもあって、
今や外を自由に歩いている猫にお目にかかることは、ほぼ不可能ではないかと思うのです。

そうゆう意味ではイスラム圏とか後進国に行った方が楽しめるのは間違いない。
でも、なんだか久しぶりにアメリカに行ってみたい気分はあったのです。

最初はキーウェストに行こうかなと思っていました。
キーウェストは15年くらい前に一度行ったことがあって、とても良いところだというのはわかっていました。
それに、猫好きで有名な作家、ヘミングウェイがかつて住んでいた家が博物館になっていて、
そこに彼が飼っていた猫の子孫がいっぱいいるのです。
以前行ったときは、まだ猫撮影を始める前だったから、
今回改めて、ヘミングウェイキャットを撮りに行くのも良いな~と思ったわけです。

で、いろいろ調べていたら、年末のキーウェストは避寒地だということもあり、
宿泊費が高い!

で、どうしようかと地図を見て悩んでいたら、キーウェストの目と鼻の先に、キューバがあるではありませんか。
キューバもかつてヘミングウェイが住んでいた国。
この際、ヘミングウェイつながりでキーウェストとキューバに行こう!と思いついたわけです。
ちょうどその時、テレビをつけていたら、「世界猫歩き」が始まって、その回の訪問地がキューバ。
これはもう、絶対、キューバに行くしかない!!と思っちゃった私。

で、調べていくと・・・
キーウェストとキューバに同時に行けるツアーが無い。
ツアーどころか、フェリーとか飛行機とかの移動手段が無い!
こんなに目と鼻の先の距離なのに、なんで無いのか・・・。

しばらくネットやらなんやらを調べて、やっとわかりました。
アメリカとキューバって、国交が無いんですね。
そうだそうだ。昔、キューバ危機ってあったけど、その頃からずーっと国交断絶したままだったんだ。
キューバ危機から半世紀も経っているのに、冷戦ももうとっくに終わっているのに、アメリカもキューバも頑固なんですかね~。
しかしながら、日本も北朝鮮へ渡る直行便は無いわけで、アメリカ~キューバを直で行くのは絶対にムリというのが判明。
が、それでも一度思い立ったら、絶対に行きたくなってしまうのが私の悪いクセで、直行でなきゃいいんだろ!と、
その後、メキシコ経由とかカナダ経由とか、旅行社にも問い合わせてみたわけです。
(この頃には もうほとんど意地になってました・・・。)
が、行けることは行けるけど、年末ということもあり、航空運賃がべらぼうに高くなる。
で、結局、断念。

夢を絶たれ、あ~どうしようかな~と途方に暮れる私。
アメリカ東部の地図を眺めながら、ふと目に留まったのがニューヨークでした。
「ニューヨークか~。まぁ、行ったことないし、ミュージカルとか観て5番街でウィンドゥショッピングしても良いし、1回くらい行っといてもいいかな~。」
と、この時点ですっかり疲れきっていた私はニューヨーク行きに決定。
「あ、そういえば、猫がいるホテルがあるって、なんかで見たことあるな~。」と思い出し、
ほんじゃ、まぁ早めに航空券手配した方が安く上がるかな~と航空券を買っちゃったのですが・・・。
これがまた、甘かったんだな~。
b0138848_22385332.jpg





きょうもポチッとお願いします!!  →   にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ
[PR]
by a-nekotabi | 2014-03-09 22:42 | ニューヨーク