「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:ローマ( 3 )

猫のサンクチュアリー

何も知らずにアルゼンチン広場に行った私。  

後で調べると、ガイドブックにはトッレ・アルジェンティーナ広場とあり、この遺跡はローマ最古の寺院跡なのだそう。 
かのジュリアス・シーザーがブルータスに刺されたのは、この場所だったという。
そんな古代の聖地に、今は、野良猫たちが保護されている。

せっかくローマまで来たんだから、 ぜひ、ローマ猫たちとも仲良くしたい。 近くに行きたい!と この聖地への入り口を探したのだが・・・ 無い!  どうやら、我々人間は、塀の外から眺めるしかないらしい。
b0138848_21491461.jpg

でも、猫たちはというと・・・  気が向いたら 外に出てきて、
b0138848_21484981.jpg

イヤになったら、 また 中に逃げ込む。
b0138848_21492539.jpg

いたって自由に暮らしているようだ。
b0138848_2150330.jpg

ここの猫たちは 毛づやもよく、 健康状態も良さそう・・・。 
b0138848_21501314.jpg

・・・というのも、 
これも 帰国してから調べて知ったことなのだが、 この猫たちを保護しているのは トッレ・アルジェンティーナ 
キャット・サンクチュアリーというボランティア団体。
 
 公式HPの他、詳しい情報が書かれたサイトがあって、それによると、 現在、約300匹の猫を保護していて、1994年の設立以来、1000匹の猫を里親に出したという、国際的にも しっかりした組織のようだ。
ただ、あくまでも、ボランティア団体で、ローマ市からの援助は一切ない。  活動資金は観光客や通行人からの寄付や募金で賄っているというから、大変だろう。  オリジナルの猫グッズなども販売してるようだけど、世界中から観光客が訪れるローマだからこそ、 なんとかやっていけるのかもしれない。

行く前に知っていたら、もっと協力できることがあったかもしれないのに・・・。  残念なことをした。

b0138848_21522915.jpg


ちなみに。。。 

一時、ローマ市が このサンクチュアリーを 観光客の来ない別の場所へ移転させようとしたらしい。 
しかし、そんなことをしたら、活動資金が集められなくなってしまうと、反対の署名運動が起こり、
おかげで、現在も トッレ・アルジェンティーナは猫の聖域として存続しているし、 
2001年、ローマ市は遺跡に住む猫たちを生物文化遺産として認めたんだそうだ。  







きょうも ポチっと よろしく ☆ → にほんブログ村 猫ブログへ
[PR]
by a-nekotabi | 2008-06-03 23:55 | ローマ

ローマ猫は1日にしてならず

2日間 怪我した足をひきずって ローマを歩き回った私。  まぁ、 今回は 縁がなかったものとあきらめて、 お土産ショッピングを楽しむことにした。

b0138848_22581892.jpgガイドブックでチェックしてたガラス製品のお店に行くと、 
素敵なお皿やアクセサリーがいっぱいあった。 
いろいろ迷っていると、店員さんが声をかけてきた。
日本語だった。

ローマは日本人観光客が多いせいか、 日本人の現地ガイドさんがいたり、ホテルのフロントに片言の日本語をしゃべれる人がいたりしたので、 そのお店に日本人がいても、
それほど驚くことではなかったのだが、 その店員さんが
カメラを持ってる私に「写真撮りに来たんですか~?」
と聞いてきたので、つい、疲れきっていたせいか、
「そうなんですよ~。 猫を撮りにきたんですけど、全然いなくて・・・(TT)」と調子にのって、しゃべってしまった。  
すると、彼女の口から思いもかけない情報が・・・。
「あ~、猫だったら、この近くにいますよ。」

えっ???ホント?どこですか?と 飛び上がるほどうれしい気持ちをおさえながら聞くと、どうやら そのお店の近くに、アルゼンチン広場というのがあって、そのあたりに
半地下のところで猫が保護されているというのだ。  
おお、 ローマの女神様、 ありがとう!!
そのお店でちょっと変わった形のペンダント→ と お土産のお皿を購入して、 急いで そのアルゼンチン広場とやらに向かった。


半地下のアパートか何かで、善意で猫を保護している人がいるのか? 
日本にも捨て猫を保護して猫屋敷になっちゃったって人、いるもんな~。  ローマにも、そんな奇特な人がいるんだな~と、勝手に個人が猫を保護していると思い込み、半地下になってるアパートを探したが、見当たらない。

う~ん。。。 せっかく有力な情報を得たのに、やっぱりダメなのか・・・。  と、がっくりしかけた時、なにやら人々が
道路から下を見下ろしているではないか。    なんだ??? と近寄ってみると
b0138848_22585074.jpg

               おお~~~っ!!   猫がいる!!  

b0138848_22584285.jpg

      半地下って、ここのことだったんか~。   
確かに、道路からみると、ちょっと地下になってる。 そりゃ、アパート探しても、見当たらないわけだ・・・。  
で、 この場所、よく見ると・・・

b0138848_2259192.jpg

              階段の跡や

b0138848_22593116.jpg

              何本もの崩れかけた柱があって

b0138848_22594153.jpg

              ここも何かの遺跡らしい。

b0138848_22595128.jpg

コロッセオと猫を撮る夢は 叶わなかったけれど、 偶然 入ったお店で、日本人のおねえさんに出会えて、
猫のいる場所を教えてもらえたおかげで、 なんとか遺跡と猫は撮れたかな?

2日間まるまる歩き回っても ちっとも撮れなかったローマ猫。 ようやく 3日目に撮れたということで、やっぱり、
ローマは1日にしてならずですね。 (←そういう意味ではない。)







良かったら、ポチっと よろしく ☆ → にほんブログ村 猫ブログへ
[PR]
by a-nekotabi | 2008-06-03 00:30 | ローマ

野良猫がいっぱいのはずなのに・・・

昨年末、 私は 足首の靭帯を切りました(2回目)。 
年末年始に 撮影旅行を計画していたので、 自分のどんくささに ホトホト腹が立ち、 一時は 旅行も止めたほうが
いいのかと思いましたが、 主治医がギブスを作ってくれて、「行ってもいいよ」と言ったので、 痛い足をひきずって、
出かけました。

向かったのは、 マルタ共和国と ローマ

いろんな写真集で、 イタリアの猫の写真を見ていたから、 「イタリアには野良猫が多いんだな~」と 思っていて、 特に コロッセオと一緒に写っている猫の写真が印象に残っていたので、 「いつか コロッセオの野良猫の写真を撮りたい!!」と思っていたのです。
ローマに行ったことがある友達に聞くと、 「コロッセオに 野良猫 いっぱい いたよ~」と言っていたので、 期待に胸を膨らませて旅立ったのですが。。。

ローマに到着して 真っ先に向かったコロッセオ
b0138848_2221817.jpg

威風堂々とした たたずまいです。  開園前に 到着したので、 まずは 外側をひとまわり・・・。      

猫は?  ・・・ いない ・・・ 。      

開園時間になって、 中に入ると・・・
b0138848_22211966.jpg

鳩はいるけど、    猫は いない。

くまなく探したけど、いないので、 外に出た。
b0138848_22212943.jpg

馬はいるけど、    猫は いない。

フォロ・ロマーノの方へも行ってみた。
b0138848_22214364.jpg

遺跡のすみずみまで 探した。
b0138848_22215345.jpg

けど、   猫は   いない。


夜になって、 夜景ツアーで トレヴィの泉に行った。
b0138848_22221099.jpg

ここにも   猫は  いない。


翌日は  ヴァチカンあたりを うろうろしてみた。
b0138848_22222743.jpg

でも やっぱり、 猫は いなくて・・・。    結局、 撮れたのは 路地裏で見かけた野良ちゃんの1枚だけ。

b0138848_22224057.jpg

1枚撮らせてくれただけで すぐにこの子は逃げてしまったので、 ホントに この1枚だけ。

遺跡にいっぱい猫がいるかと思ってたのに・・・。   
痛い足をひきずって、はるばるローマまで ひとりでやって来て、 2日間、 歩き回ったのに・・・。
悲しくて 泣きそうだった。

でも、 いつも救ってくれる人に出会えるのが、 私の旅なんです。






良かったら、ポチっと よろしく ☆ → にほんブログ村 猫ブログへ
[PR]
by a-nekotabi | 2008-06-01 23:29 | ローマ