カテゴリ:チュニジア( 78 )

あれから1年

気付けば、ホントに年末ですね~。
友人、知人から「〇〇へ行ってきま~す!」という連絡をもらい、
「あ~、去年の今頃は、私もチュニジアだったわね~」と思い出す。
b0138848_1372449.jpg

思わぬデモの影響で路頭に迷いそうになったこともあったけれど、楽しい旅でした。


先日、ある方と旅の話をしていて、言われた。
「ひとり旅って、淋しくないですか?」って。

よく言われることだ。
でも、普段から ひとり暮らしをしているので、別に淋しくはない。

「怖くないですか?」って聞かれることもあるけど、
そんなときは「いや~、紛争地帯には行ってないんで、怖くはないですよ。」って答える。

けど、そういう人たちの言わんとしていることは、自分でもよくわかっている。
誰かと、パックツアーで行けば、安心して気楽に旅を満喫できる。
ひとりで計画を立てて、目的地まで自力で行くのは、やっぱりそれなりに労力を伴う。

今回も旅の途中、あ~、私は なんで毎度、こんな大変な思いをして旅をするのだろうと思った。
b0138848_1412645.jpg

けど、無事に帰国した時に、つくづく感じたのだ。

あ~、私にとっての旅って、自分を試すためのものなんだなと。

長いこと生きていると、普段の生活の中では、これまでに培った常識の中でほとんど苦労することなく、生きてゆける。
わからないことがあれば、誰かに聞けば、なんとかなる。
(たまに地方で、方言がきつくて何言ってるか、わかんないこともあるけど、まぁニュアンスでわかったりする)

そんな生ぬる~い環境で生きている自分が、言葉も、歴史も文化も違う異国の地で、路頭に迷ったらどうなるのか?
私はどちらかというと慎重なタイプなので、ホントに路頭に迷うのは怖いから、それなりに計画は立てて行くのだけれど、
今回のように思わぬアクシデントにあったとき、なんとかなるのかどうか。

それは、ひとえに自分の生きる力なのだと思う。

絶対に帰る。
そう思ったとき、道は開けた。
b0138848_1445743.jpg

だから、私にとっての旅は、自分の生きる力を確認する場だったのだと悟ったのだ。
去年のチュニジア旅行は、私にとっての‘旅’の意味を改めて確認させてくれる、思い出深い旅となりました。

b0138848_1514880.jpg

・・・な~んて、薀蓄たれてみましたが・・・
要は、普段のらりくらりしてる身の上ですから、旅くらいプレッシャーかけて行かないと、帳尻合わないってだけのことです。
普段 お仕事でキリキリしている方は、年末年始、のんびりリラックスしてきてくださいね~。



チュニジア猫紀行おわり。ポチッと!!  →   にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ
[PR]
by a-nekotabi | 2011-12-30 02:00 | チュニジア

ジャスミン革命の次は・・・

b0138848_23381644.jpg
そろそろチュニジア猫紀行も締めくくろうと思っていたところへ、
金正日総書記死去のニュース(だいぶ時間が経ってしまいましたが・・・)。

金総書記が、いつ、どのようにして亡くなったのか、正確な情報はわからないけれど、12月17日に亡くなったという報道もある。

12月17日といえば・・・
去年 チュニジアでは、 失業中だった若者が路上で野菜や果物を販売していたところ、 許可がないとして警察に商品などを没収された。
これに抗議して彼は、県庁舎前で焼身自殺を図った。

b0138848_23404384.jpg

のちの‘ジャスミン革命’の発端となった事件が起きた日だ。

彼の命がけの抗議行動が、高失業率にあえぐ若者たちを駆り立て、その後 各地でデモが頻発。
やがて23年間続いた長期政権は崩壊した。

b0138848_23421321.jpg

だから、
金総書記死亡のニュースを聞いて、いよいよ次は「北の春」か?と思ったのだが・・・。

b0138848_23424593.jpg

チュニジアでは、多くの人が携帯電話を持っていたし、移動するルアージュ(乗り合いバス)の中でパソコンを持ち込む若いお姉ちゃんを目にしたものだった。

対して、北朝鮮ではどうなのか?
テレビに映らない、フツウの北朝鮮の人々は どんな暮らしをしているのだろう。

b0138848_23433824.jpg




きょうはメリークリスマス!ですね。ポチッ!!  →   にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ
[PR]
by a-nekotabi | 2011-12-25 00:01 | チュニジア

師走のたわごと

b0138848_2314956.jpg
気付けば2011年も あと10日あまりですよ。

b0138848_232471.jpg
あ~、気ばっかり焦る~。

b0138848_2321988.jpg
猫の手も借りたいとこですが、

b0138848_232303.jpg
あまり役に立ちそうもないので、

b0138848_23252100.jpg
地道にがんばります~。



焦らずポチッとお願いします!!  →   にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ
[PR]
by a-nekotabi | 2011-12-20 02:42 | チュニジア

シディ・ブ・サイドの観光スポット

猫目当てでありながらも、一応、観光スポットにも寄ってみる。
b0138848_2421048.jpg

ダール・エル・アンナビ。
18世紀に建てられた、金持ちの家だそうだ。
ガイドブックの受け売りだが、そこここに貼りめぐらされたアンダルシア風タイルが美しい。
b0138848_2423027.jpg

入場料は200円弱。
日本語の説明書も渡してくれて、ジャスミンティのサービスもあるから、時間があったら立ち寄ってみるのもいいかも。
b0138848_251175.jpg

そんなダール・エル・アンナビで撮った何枚か・・・。
b0138848_243876.jpg
b0138848_2433452.jpg

b0138848_252093.jpg

b0138848_2521724.jpg

b0138848_2442572.jpg

何のテーマもなくてすみません。。。



よろしかったら、ポチッとね!!  →   にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ
[PR]
by a-nekotabi | 2011-12-16 03:07 | チュニジア

猫の細道

b0138848_22172096.jpg
b0138848_221727.jpg

b0138848_22173042.jpg




どんなとこでもス~イスイ。ポチッとね!!  →   にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ
[PR]
by a-nekotabi | 2011-12-14 22:20 | チュニジア

盗作?

異国の白いトンネルを抜けると
b0138848_0385823.jpg



b0138848_039224.jpg
白い猫がいた。



川端康成には、なれんなぁ。。。ポチッ!!  →   にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ
[PR]
by a-nekotabi | 2011-12-12 00:44 | チュニジア

シディ・ブ・サイドのホテル

シディ・ブ・サイドで泊まったのは、オテル・シディ・ブ・ファレス(1泊7200円)。
b0138848_04319.jpg

朝食は中庭でのんびりいただきます。
b0138848_085482.jpg
パンといちじくジャム、コーヒーのシンプルな朝ごはんは、チュニジアの定番。
オレンジ、ヨーグルト、チーズがついてるだけ、豪華な方かな。

お部屋の中はというと
b0138848_09165.jpg
タイルがはりめぐらされ、かわいい
b0138848_093066.jpg
ちょっと狭いのと、バスタブがないのは残念だけど、過ごしやすい宿でした。
あ、トイレットペーパーは無いので、要注意ね。

しかし、この宿の一番のおススメは
b0138848_0173435.jpg
どこからか ふらりとやって来る野良ミケちゃん。

b0138848_017433.jpg
朝食中のお客さんにも お構いなし。

b0138848_0184425.jpg
中庭を我が物顔で歩き回り、

b0138848_019135.jpg
宿泊客が出払うと

b0138848_0191363.jpg
まるで我が家状態でくつろぐ。
ま~、ホントにかわいいミケちゃんなのでした~。



チュニジアのおかみ猫にポチッとね!!  →   にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ
[PR]
by a-nekotabi | 2011-12-07 00:34 | チュニジア

夜のシディ・ブ・サイド

白と青のコントラストが美しいシディ・ブ・サイドは チュニジア有数の観光地。
b0138848_3102832.jpg
首都チュニスや世界遺産カルタゴ遺跡からも近いので、ツアー旅行でもちょこっと立ち寄るのだけど、 
猫を撮るなら やっぱり泊まるのがいい。

昼間は観光客でごった返す町並みも、夜の帳がおりると
b0138848_315266.jpg
ひっそり静まり返る。

そんな夜のシディ・ブ・サイドの主は
b0138848_3155147.jpg
猫たち。

よろよろ歩いていると、 猫の監視の目が光る。
b0138848_316670.jpg
ここにも

ここにも
b0138848_3162914.jpg

たまには
b0138848_31764.jpg
見ぬふりをしてくれる猫もいる。

猫たちの監視の目をくぐり抜けて 宿へと戻る。
b0138848_3172493.jpg

宿の入り口では 猫が集会をしてた。
b0138848_3174045.jpg
きょう見た不審者の報告でもしてるんだろうか。。。




不審者じゃないんですけど。ポチッとね!!  →   にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ
[PR]
by a-nekotabi | 2011-12-04 03:43 | チュニジア

飼い猫なの?

b0138848_22585329.jpg
シディ・ブ・サイドの夕暮れ時

b0138848_22592436.jpg
西日の当たる広場で 猫を撮っていたら

家の人と目が合った。
b0138848_22593853.jpg
彼女は、この子は私の猫よ。と 自慢げに猫のことを話してくれた。

b0138848_22595286.jpg
確かに、一緒に夕日を眺める姿は 飼い主さんに よくなついた猫って感じだ。


別の場所。

観光スポットから 少し外れた空き地に猫がいた。
b0138848_2305916.jpg
何かの跡地だと思われる空き地は、がれきが放置されたまま。

b0138848_2312048.jpg
猫たちにとっては、観光客の雑踏から隔離された安穏の地。

b0138848_2312899.jpg
家族仲良く 暮らしているようだ。
b0138848_2314521.jpg

そんな彼らを夢中で撮影していたら、 背後で気配がした。

振り返ると、お兄ちゃんがニヤニヤこちらを見ている。

そして彼は言った。
b0138848_2315735.jpg
その猫たちは、俺が飼ってる猫だよ。

う~ん、てっきり野良猫だと思ってた。
b0138848_232855.jpg
チュニジアでは飼い猫に首輪をつける習慣が無いようで、見極めが難しい。




飼い猫さんも野良猫さんも、みんな仲良くポチッとね!!  →   にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ
[PR]
by a-nekotabi | 2011-11-30 23:33 | チュニジア

野良猫の証明

前回のランチのおこぼれにあずかった猫もそうですが、
チュニジアでは 鼻づらが汚れた猫たちが気になりました。
b0138848_5365381.jpg
チュニジアの猫たちの鼻づらが 何故 汚れているのか?

シディ・ブ・サイドで その理由を知ることができました。
b0138848_5391968.jpg
ゴミ捨て場に集まる猫たち。

b0138848_54028100.jpg
お食事中です。

b0138848_5405436.jpg
こうして鼻づらでぐいぐいと、貴重な食料を得ようとするため、すっかり汚れてしまうのですね。

そういえば、スースで出逢った子も鼻づらが汚れていました。
b0138848_5522737.jpg


この子たちを哀れんではいけません。

だって、夕食時になると、猫好きなおばちゃんが
b0138848_5432543.jpg
夕餉の支度で出た残飯を持ってきてくれるのです。

b0138848_5435557.jpg
チュニジアでは猫用のカリカリとか、ペットフードを見ることはありませんでした。

人間の残飯を食べることは、猫の健康のためには ホントはよくないことかもしれません。
だけど私はチュニジアで出逢ったこの光景が、なんとも懐かしい感じがして、悪い気はしませんでした。

その国にはその国の事情があって、よそ者が口出しすべき問題ではありません。

鼻づらが汚れたチュニジアの猫。
b0138848_5512653.jpg
健気に生きている証(あかし)です。



たくましく生きろよ!ポチッとね!!  →   にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ
[PR]
by a-nekotabi | 2011-11-24 05:59 | チュニジア