カテゴリ:バリ( 9 )

丑年なので

あらためまして、 あけまして おめでとうございます。

ことしは丑年なので、 バリで見かけた牛です。
b0138848_21455788.jpg


バリ滞在中、 母はやっぱり 何かにつけ文句を言っていたので、 初めての母娘ふたり旅はイマイチだったのかな~と思っていました。

が、 帰国後 しばらくして、 近所のマッサージ屋さんに行くと、 「お母さんと旅行行ったんだって? お母さん、 楽しかった、また行きたいって 喜んでたよ~」と言われた。

ホント、 うれしいことはうれしいと、 楽しいことは楽しいと、 面と向かって 正直な気持ちを言えない所が、 私と母は そっくりなんだよな・・・。

あれから4年、 その後 母とふたりで出かけることはないけれど、 今度は 父も一緒に出かけてみようか、とも思う。 
そうすれば、 ふたりを置き去りにして、 ひとりでブラブラできるからな・・・。

b0138848_220354.jpg

~バリ編は 終了です~


昨年から始めたブログですが、ご覧頂いているみなさま、 お世話になりました。
ことしも 猫の写真を中心にUPしていきますので、 引き続き よろしく お願いします。

お正月休みで しばらく更新をお休みする予定ですが、 
お休み中も 下のバナーを ポチっとしていただければ 幸いです。

  にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ
[PR]
by a-nekotabi | 2009-01-01 22:09 | バリ

大晦日の思い出 ~バリ~

旅の最終日、 ジンバランの市場で 思いっきり猫を撮って、 地元の雰囲気も満喫して、 大満足の私。
b0138848_22563138.jpg

でも、 自分が楽しんだ分、 母を置き去りにしたことが 申し訳なく思えてきた。

急いでホテルに戻り、 母に「何してた?」と聞くと、 「メイドさんが マニキュアをしてくれる所を教えてくれて、 行ってきた」と うれしそうに爪を見せびらかした。
なんだ、心配しなくても、 それなりに楽しんでたんだ・・・。   かわいい子には旅をさせろというが、 親にも 旅をさせた方がいいなと思った。

さて、3泊5日の母娘ふたり旅。
帰国便は、12月31日の深夜発。 つまり、2004年の大晦日は ほとんどバリで過ごしたわけだが、 その帰国直前、 忘れられない事件があった。

コトの発端は バリに到着した日にさかのぼる。

バリに到着すると、 どしゃぶりの雨。 もう夕方だったし、 あまり遠くまで出かけるのもな~と、 私と母は ホテルの近くの商店を ぶらぶら覗いていた。

すると、 素敵な洋服が飾られた店がある。 
中に入ると、 生地がいっぱいあって、 その中から好きなものを選んで、 オーダーメイドで服を作ってくれるという。
店を切り盛りしているのは50代くらいの、やさしそうなおばさん。 
英語も日本語もしゃべれないので、 お店にいた息子さんが 片言の英語で 説明してくれる。

バリには 日本人観光客を カモにする輩もいるから、 気をつけた方がいいって聞いてたけど、 この人たちは 見るからにいい人そう。。。  
騙そうにも 日本語をしゃべれないんじゃ騙せないだろうし、 
それに、このお店には
 
猫がいた

b0138848_22573748.jpg

(暗くて、 ブレブレです・・・)

奥には仔猫もいて、 大事に育てられているようだった。 
b0138848_22575763.jpg

猫好きに悪い人はいないと勝手に思い込んでいる私と母は それぞれ服を作ってもらうことにした。
出来上がりは 31日。 帰国する日の夕方だ。
料金の半分を支払い、 残りの代金は 出来上がった服と交換に支払うことになっていた。


約束の大晦日。
b0138848_22585496.jpg

夕方、 店に行くと、 息子さんが留守番をしていて、 お母さんの姿が、 無い。

街に買い物へ行ったんだけど、 どうやら渋滞に巻き込まれているようで、 帰りが遅れているんだとか・・・。

仕方がないので、 店で待つことにしたのだが、 待てど暮らせど、 帰ってくる気配が無い。

1時間くらいは 待っただろうか。

さすがに、 おかしいな、と思えてきた。

だって、 私たちが 取りにくるのは わかってるんだから、 服は 店に置いておけばいいじゃないか。
留守番の息子がいるんだから、 残りの料金は 息子が受け取ればいいんだし。

「どうなってるんだ!?」と詰め寄っても 息子は弱った顔をするばかり。
だいたい、 この息子もヘラヘラして、 やさしそうな素振りで 騙そうとしてんじゃないのか?

お腹も空いてきてたし、 余計に いらだってきた。


しかし、 みすみす騙されるのも悔しい。

私は 店に飾ってあった いちばん高そうな服をもぎとって、 
「出発までホテルで待ってるから! これは来てくれるまで、預かっておくから!」と言い放ち、ホテルに戻った。


私と母は ホテルのロビーにあるレストランで 夕食をとりながら、 お母さんが来るのを待った。

待っているあいだ中、 私は とても悲しい気持ちでいっぱいだった。 
とりあえず支払った代金分の服は手に入れたけど、 モノとかお金の問題じゃない。
 
あんな 人の良さそうな顔をした人が、 人を騙すんだろうか・・・?
短い時間だったけど、片言の英語でいろいろ話して、 何となく いい人だな~と思っていたのに、 私は、裏切られたんだろうか・・・?
そうだとしたら、 とても悲しい。

沈んだ気持ちのまま、 夕食をとっていると、 母が 「あっ・・・」と 声を上げた。

振り返ると ロビーを走ってくる お母さんが見えた。

とても慌てた表情で 私に駆け寄ってくる。
その慌てた顔が だんだん ゆがんで見えてきた。
気が付いたら 私は 号泣してた。
良かった・・・。 やっぱり 悪い人じゃなかったんだ・・・というホッとした気持ち。
そして、 最後まで信じきれなくて ごめんなさいという気持ちが いっぱいになって、涙があふれ出てきた。

裏切ったのは、 私の方だったんだ。 
一生懸命 事情を説明してくれた息子さんに対して、 ひどいことをしてしまった・・・。

息子さんから 事の次第を聞いたお母さんは、 慌ててホテルにやってきて、 ひたすら私に「ゴメンね。 ゴメンね。」と 謝ったのだった。

自分のしたことを悔やんで泣きじゃくる私を、 お母さんは抱きしめて、 そして、出来上がった服を 「着てみて」と 差し出した。
サイズもぴったり着心地がよくて、 とても素敵に仕上がっていて、 大・大・大満足

バリでの、 いちばんの思い出。
人を信じることの難しさ、大切さを考えさせられた出来事だった。


別れ際、 お礼に 一緒に駆けつけてくれたお父さんと写真を撮ったけれど、
b0138848_23413625.jpg

暗くて ブレブレ・・・。






気が付いたら、年が明けてしまってました。 今年もポチッとお願いします!!  →   にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ
[PR]
by a-nekotabi | 2009-01-01 00:37 | バリ

バリ猫

バリの市場の一角。  

b0138848_0493763.jpg

猫はいないか~と ウロウロしていたら、

b0138848_05092.jpg

いた。

b0138848_050258.jpg

子どもたちとも仲良しの猫。  首輪をしてるから、 この辺の人に 飼われてるのかな?

もっと いないかな~と ウロウロしてたら、

b0138848_0503838.jpg

いた。  木っ端で爪とぎしてる。

嬉々として 猫を追いかけていると、 地元のお兄ちゃんが 「こっちにも いるよ~」と呼びかけてきた。

b0138848_0505890.jpg

「カメラの方を向くんだよ~」と、 エサをチラチラ。

b0138848_0511335.jpg

バリの人って、 ホント、 親切です。







バリの猫と人に ポチッとね!!  →   にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ
[PR]
by a-nekotabi | 2008-12-30 01:12 | バリ

バリ犬

仔猫と仔犬が にらめっこ。
b0138848_2216756.jpg


バリでびっくりしたのは、 とにかく犬が多いこと。

b0138848_22162344.jpg

浜辺でも、 街の中でも、 ウロウロしてます。

b0138848_22163679.jpg

飼い犬もいるけど、 野良犬もけっこう多いみたいで、 中には 獰猛そうなのもいます。
ふだんは かわいい犬を見かけると、 つい触りたくなってしまう私ですが、 狂犬病が怖いので、 うかつに手は出せませんでした。

b0138848_22165088.jpg

まぁ、 こんな情けない顔の子は襲ってこないだろうけど、 念のため、 噛まれないように 注意しないとね。







バリの犬にも ポチッとね!!  →   にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ
[PR]
by a-nekotabi | 2008-12-28 22:28 | バリ

珍事件?

市場には小さな子どもを連れた人たちが、 たくさんやって来ていた。

b0138848_1131919.jpg

そんな人たちから 「うちの子、 撮って~」と要求されるままに しぶしぶ撮っていると、 親子の後ろに 猫が・・・!!
b0138848_1133250.jpg

「あの~、 私、猫を撮りたいんですけど・・・」 と 言いたいのだが、 なかなか伝わらない。
「もう たくさん撮りましたよ」という顔をしても、 子ども連れのお父さんは 「もっと撮ってくれ」というような素振り。

「あ~、 せっかく猫がいるのに、 撮れないよ~」007.gif と 困り顔の私を見かねたのか、 近くにいたおじさんが、 お父さんに掴みかかってきた。
(何をしゃべってるのか、 全く わからないので、 以下 想像)

おじさん 「お前な~、 この子は 猫を撮りたいんだよ!」
お父さん 「猫なんかより、 ウチの子の方が、 かわいいだろ」
おじさん 「いい加減にしろ! せっかくここまで来たんだから、 撮りたいモノを撮らせてやれよ!」

あ~、どうしよう・・・私のせいで、 喧嘩が始まってしまった。 流血騒ぎにでもなったら、 どうしよ~~~ 008.gif と おろおろしていると・・・

突然、 おじさんとお父さんは、 ガハハハ!!と笑い始めた。

一体、 何がどうなったのか、 ワケがわからなかったけれど、 
b0138848_1134896.jpg

おかげで、 人間の親子と 猫の親子を、 無事、 撮影できて、 ホッとした私なのでした。 






珍騒動に ポチッとね!!  →   にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ
[PR]
by a-nekotabi | 2008-12-27 02:05 | バリ

バリのこどもたち

漁港の一角にある市場は、 年末ということもあってか、 買い出しに来る人々で賑わっていた。
b0138848_2464100.jpg


お店のお手伝いをする子どもたちもいて、 えらいな~と思う。
この子なんて、 表情は もう 立派な店主。
b0138848_2462523.jpg

一方、 浜辺では 仲のいい兄弟。
べそをかいてる弟を、 お兄ちゃんが元気付けていた。 えらいな~。
b0138848_2463741.jpg


市場には たくさんの子どもたちがいて、 私のカメラを見つけると、 「撮って撮って~」と集まってきた。
b0138848_2465429.jpg

シャッターを切って、 「OK!」と言うと、 彼らは 「もっともっと~」と、 写真を撮ってもらおうとする。
(いや、 もう充分 撮ったし、 今 撮った写真を ここであげることはできないし、 どうすれば この子たちは満足してくれるんだろうか?) と困惑してしまった。

子どもたちだけではない。
小さな子どもを連れた親が 「うちの子 撮って~」と迫ってくる。
b0138848_2472057.jpg

子どもはかわいいから、 撮らせてもらえるのはうれしいんだけど。。。 
そんなに たくさん撮ってもな~008.gif と悩んでいたら、 ちょっとした事件が起こった。







かわいい子どもたちにも ポチッとね!!  →   にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ
[PR]
by a-nekotabi | 2008-12-26 03:20 | バリ

バリの漁港へ

ウブドへ行った次の日は、 エステ三昧。

バリに着いてからずっと 母親とべったりで そろそろ嫌気がさしていた。
そして なにより、 もともと写真を撮るのはあきらめてたんだけど、 ウブドへ向かう途中に出逢った風景に触発され、 やっぱ、写真撮りたいな~という気分が盛り上がってしまってた。
とうとう我慢できなくなった私は最終日、  母親にゴメン!と言って、 午前中だけ、 自由な時間をもらった。

向かった先は クタからタクシーで15分くらいのところにあるジンバラン
b0138848_0332228.jpg

ガイドブックによると、 最近は超高級リゾートになってきたけれど、 まだまだ田舎の香りが残っているという。
しかも、 私の好きな、漁港がある。

現地どっぷりな感じは怖いけど、 ちょっぴり現地な感じをエンジョイしたいという中途半端な私にとっては、 ガイドブックにも載ってるくらいな、日本人も泊まってそうな高級リゾートがすぐ近くにある場所は、 まぁ安全そうだし もってこいじゃないか、 ということで 行ってみた。

・・・ところが、 現地に着くと、 日本人はいないし、もちろん、日本語は通じない。 現地どっぷりな、雑然とした感じ。
b0138848_0333851.jpg

初めはど~しよ~025.gifと ちょっぴりびびっていたけれど、 おそるおそる市場に足を踏み入れると

b0138848_034565.jpg

お~~~、マグロ(?)が まるまるの姿でころがってる 005.gif

浜辺に行くと、

b0138848_0353012.jpg

潮干狩りみたいなことをしてる人もいるし、

b0138848_0343536.jpg

干物!  日本だけのモノじゃないんですね~、 干物って。

なんかバリの人たちの日常生活を垣間見たような気がして、 ワクワクしてきた。

そして、 なにより ありがたかったのは、 身振り手振りで「写真を撮りたい」ということを伝えると、 大体が こころよく応じてくれる。
b0138848_0345790.jpg

でも、 そんなバリの人たち、 ありがたいと思う一方で、 困ったことも、 あったんです。








猫なしですが、ポチッとお願いします!!  →   にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ
[PR]
by a-nekotabi | 2008-12-25 01:09 | バリ

母娘ふたり旅~バリ~

3泊5日のバリ・母娘ふたり旅。

滞在2日目、 オプショナルツアーで バリの芸能・芸術の中心地、ウブドへ出かけた。
泊まっていたクタのホテルを午前中に出て、 途中、 伝統工芸品の工房なんかに立ち寄りながら お土産も買って・・・という1日がかりのツアーだった。

b0138848_22135850.jpg

日が暮れてから見たバリの伝統舞踊は、 もちろん素晴らしかったけれど、
私が 心惹かれたのは、

b0138848_2343936.jpg

ウブドに向かう途中で立ち寄った寺院や


b0138848_23441883.jpg

のどかな田園風景、

b0138848_23443232.jpg


そして、
b0138848_23452394.jpg

なにげない、 バリの人々の日常だった。


ある工房では 
b0138848_23454271.jpg

思いがけず、 猫に出逢えた。
b0138848_23462276.jpg

おとなしい猫たちで、 
b0138848_23464043.jpg

工房のお兄ちゃんにつかまって、
b0138848_22152051.jpg

観光客に、 ご挨拶。
b0138848_234751.jpg

バリの人たちは、 サービス精神が旺盛?
彼らのホスピタリティーに、 もっと触れてみたいと思った。





バリの猫にポチッとね!!  →   にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ
[PR]
by a-nekotabi | 2008-12-24 00:21 | バリ

ふたり旅

4年前の年末に出かけたのは
b0138848_21105382.jpg

インドネシア、 バリ島。

一緒に行ったのは、 母。

仲の良い母娘なら、ちょくちょく旅行するのかもしれないが、 私は、 母親となんて、絶対、旅行しないと思っていた。

私と母親は、 趣味が合わない。 
旅行に行ったらブランドものを買い漁ろうとする母親に対し、 私はブランドものより、現地っぽいものの方に惹かれる。
移動や宿にもお金をかけない私の旅行につき合わせたら、 ツアー旅行に慣れた母親は文句を言うに違いない。

私の母は、 とにかく文句が多い。 子どもの頃から文句ばっかり言われ続けてきた。
ごはんの後片付けを手伝うと、 きれいになったお皿は見ずに、水だらけになった流し台をけなした。
母の文句は 私に対してだけではない。 たとえば、 個性的な顔の犬を見つけたら、「ブサイクな犬」とけなす。

悪気は無いのだけど、 何かにつけ、 否定的な発言をするのだ。
まあ、 そんな母の悪い部分を、 私も確実に受け継いでいるのだが・・・。
とにかく、 旅行に行ってまでイヤな思いはしたくないので、 母から「休みがあるなら、一緒に海外行こうよ~」と言われても、 絶対行くもんか!と思っていた。


でも、 母が心筋梗塞で倒れた。

幸い、 処置が早く、 今ではピンピンしているのだが、 当時は さすがにびっくりした。

どんな人間にも いつかは最期がくるのだと、わかってはいても、 自分の親は、いつまでもいるような気がしてた。
そんな自分を反省して、 母が元気なうちに 一度くらいは 一緒に海外旅行をしてもいいかな・・・と思ったのだ。

「行き先は アンタの好きなとこでいいよ~」と言う母だったが、 「○○さんは、こないだスイスに行ったんだって~」とか「○○ちゃんと行ったラスベガス、良かったな~」とか のたまわっていた。

悪いが、 私にそんな余裕は無い。

韓国や香港でも良かったんだろうけど、 私は もうちょっと足を伸ばしたかったので、 自分も行ったことないし、 母もエステとかリゾートホテルで そこそこ楽しめるかな~?と、 バリにしたのだった。

b0138848_2152434.jpg

母と一緒なので、 一応 ちゃんとしたホテルに泊まって、 エステにも行って、 ゆっくりのんびり。

b0138848_2202429.jpg

オプショナルツアーで 現地のお土産品を買いに行ったり、バリの伝統舞踊を堪能したり、 それなりに楽しんではいたんだけど、

b0138848_21522081.jpg

なんだか物足りない気が、 してきたんだよね~。








続きは また次回で。。。ポチッとね!!  →   にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ
[PR]
by a-nekotabi | 2008-12-21 22:17 | バリ