カテゴリ:石川県( 44 )

火の車

砂漠で壊れたカメラ&レンズをメーカーに持っていって、オーバーホール&修理をお願いしたところ、
広角レンズは保証期間をとっくに過ぎているため、受け付けてもらえず007.gif

カメラ本体も保証期間は過ぎているけれど、コチラはまぁなんとかしてみますと言われ、
望遠レンズと合わせて50,000円超の出費。

今回のチュニジア旅行、結構 高くつきました。

b0138848_28944.jpg

火の車です。




誰か鎮火して~!ポチッと!!  →   にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ
[PR]
by a-nekotabi | 2011-01-06 02:12 | 石川県

いよいよ明日、終了。

初めての個展、いよいよ明日が最終日です。

きのう、おとといの客足は やや落ち着いていたので、 きょうもそんなもんかな~と思っていたのですが、
最終日前ということもあってか、またまたたくさんの方にお越しいただきました。
懐かしい方、思いがけない方、うれしい再会がいっぱいで、とてもhappyな時間を過ごせました001.gif
お越しいただいた皆様、ありがとうございました。

ところで、会場ではポストカードを販売しているのですが、去年 東京で写真展をやった時の実績を踏まえ、多めに用意しておいたはずなのに、10種類のうち、4種類が品切れになってしまいました008.gif
みなさん、ご祝儀がわりにたくさん買ってくださって、ありがたい限りです。040.gif
・・・が、明日 来られるお客様には申し訳ないような・・・。
仕入れって、難しいですね。

私に代わって輪島の猫ちゃんが誤ります。
b0138848_23214752.jpg
ごめんニャさい。

(人気の あのカードは 今回たくさんありますので、ご安心ください ^^)



きょうもポチッとお願いします!!  →   にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ

~~~~~お知らせ~~~~~

b0138848_14541983.jpg  
個展開催!!

早川敦子写真展 猫紀行

2010年4月23日(金)~29日(木・祝)
10:00~18:00(最終日は14:00まで)

富士フィルムフォトサロン名古屋
※ 明日(29日)は14時までです。お気をつけください!!
  
[PR]
by a-nekotabi | 2010-04-28 23:28 | 石川県

北陸で考えた、究極の悩み

輪島の猫は終了しようと思ってましたが、やっぱり最後に輪島で考えたことを記しておきます。
長いし、理屈っぽいので、読み飛ばしてくださって、結構です。

野良猫を撮り始めて9年ほどが経ちますが、ずっと考え、悩み続けてきたこと。
そして、未だに答えが見つからないこと。
それは、猫と人間とのあり方について。
b0138848_4424.jpg


写真を撮る前は「野良猫って、何にも縛られず、自由気ままに生きてていいな」と思ってました。
でも、彼らを撮り始めてすぐに、そうではないことに気付きました。
どんなに寒くても、どんなにお腹が空いても、どんなに具合が悪くても、外で暮らさなければならない野良猫たち。
その現実を目の当たりにするにつれ、写真を撮るだけで彼らを救うことができない自分に疑問を感じ、写真を撮ることを辞めようかと思ったこともありました。

しかし、いろんな場所でいろんな野良猫に逢ううちに、厳しい環境の中でも生きている野良猫たちには必ずと言っていいほど、彼らのことをそっと支える人たちがいることに気付きました。
b0138848_451494.jpg

猫を捨てたり、いじめたりする人がいる一方で、小さな命を見守る人がいる。
そして、そんな人がいるところの猫は、過酷な環境の中でも、その命を謳歌しているのです。
だから私は、飼い猫に比べたらずっと短いと言われる、彼らのその命を記録しようと思いました。
また、猫に温かい街は、人にも温かいということを多くの人に伝えたいと思いました。

そんな想いを以前、ブログに書いたら、ある地域猫の会の方から励ましのメッセージをいただきました。
写真を撮るだけで、猫たちに何もしてあげられない自分を、その方は励ましてくださいました。
それまでは地域猫の会のみなさんに対して、後ろめたいような気分を抱いていましたが、少しは罪を免れたような気がした出来事でした。


最近は、各地で地域猫の会が発足し、献身的な努力をされています。
無責任に餌をあげるのではなく、きちんと健康状態を把握し、これ以上無駄に死ななければならない命を無くすために、避妊・去勢手術をし、街の清掃までなさっている活動には脱帽するばかりです。
地域猫の会の方々が活動されているところでは、避妊・去勢済みの証として、耳の先がカットされていたりピアスがつけられたりしています。
そういう猫に逢うと、‘あ~、この子には ちゃんと見守ってくれてる人がいるんだな~’と少しホッとした気分になります。
でも、地域猫の会の方々の活動に感謝しながら、なんだか釈然としないものも感じていました。

輪島の猫は、全くありのままの姿です。つまり、避妊・去勢手術はされていません。
だから、毎年、仔猫が生まれます。
b0138848_4737100.jpg

でも、病気になったり、寒さに耐えられなくて、死んでいく子がいます。
残酷な事実ですが、だからこそ、増えすぎることなく、適度な個体数が保たれているのです。
ひとつひとつの命を大切にするという意味では、きちんと避妊・去勢をして、飼えるものなら室内で飼って・・・というのが理想なのだと思います。
が、個人的に私は、輪島の猫たちの暮らしの方が自然だと思います。


「納棺夫日記」の中で青木新門さんが「美しい死に方」について語っています。
その中で、「最近とみに、ぶよぶよとした死体が多くなってきた」と言っています。
昔は病気になって、口から物が食べられなくなり、枯れ枝のようになって死んでいくのが常だったのが、医療技術の向上に伴い、物が食べられなくなっても点滴で栄養補給される、いわゆる延命治療の結果、ぶよぶよ死体が多くなったということでした。

死ぬべきときに死ぬ。
人間も猫も、どんな生き物にも共通の、理想の生き方のような気がします。
自然界の中で、バランスを取っていくためには、実はとても大切なことです。

ところが、高度に発展してしまった日本の都会では、それは許されないことなのでしょう。
死ぬべきはずの命も、人間だから過剰に保護される。

一方で、人間第一主義の人たちは他の動物たちに対して「庭を荒らす」「ゴミをあさる」などの理由で排除しようとする。
だから、地域猫の会の人たちのように、野良猫を管理し、猫たちの生きる権利を保護する人たちが必要になるのです。

でも・・・
人間も地球を間借りしているだけの存在で、「ウチの庭」なんて、人間が勝手に決めた境界線です。
勝手に海を埋め立てたり、山を切り開いたり、地面をアスファルトで覆いつくしたり、動物たちにとっては迷惑きわまりない存在です。
b0138848_4102475.jpg

だから、動物たちの、多少迷惑に思える行動も、「お互いさま」と思わなきゃいけないんじゃないだろうか。
そして、どんな生き物も平等に、死ぬべきときには死んでいくのが、本来の姿なのではないだろうかと思うのです。

でも、これは、今、自分自身も家族も健康だから、そして動物好きだから言えることで、そうじゃなかったら、また違う考えになるのかもしれません。

b0138848_4112941.jpg

相変わらず、明確な答えが見出せない、私なのでした。

きょうもポチッとお願いします!!  →   にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ

~~~~~お知らせ~~~~~

b0138848_14541983.jpg  
個展開催!!

早川敦子写真展 猫紀行

2010年4月23日(金)~29日(木・祝)
10:00~18:00(最終日は14:00まで)

富士フィルムフォトサロン名古屋
[PR]
by a-nekotabi | 2010-03-28 04:33 | 石川県

寒いですけど。。。

花冷えの日が続くものの、 もう春だし、 そろそろ雪景色の輪島から
b0138848_1285176.jpg

どっか違う場所の写真を・・・と思うのだけど、 
b0138848_1291664.jpg

最近、個展の準備やら何やらで、全然 撮影に行けてない007.gif
まぁ、寒くて外に出るのがおっくうだって事もあるんですが。。。

輪島の猫は 個展でもたくさんご覧いただけます。
b0138848_129336.jpg

お楽しみにニャ


さぼり気味でもポチッとね!!  →   にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ

~~~~~お知らせ~~~~~

b0138848_14541983.jpg  
個展開催!!

早川敦子写真展 猫紀行

2010年4月23日(金)~29日(木・祝)
10:00~18:00(最終日は14:00まで)

富士フィルムフォトサロン名古屋
[PR]
by a-nekotabi | 2010-03-27 01:36 | 石川県

雪解け水

うちの猫は冷たい水が苦手で、いつもお風呂に入っている母親のところに行き、蛇口からお湯を出してもらって飲んでいた。

だから、
b0138848_23305052.jpg

雪解け水を飲むこの子を見て、ちょっとびっくりした。

b0138848_2333499.jpg

暑い日だったら、冷たい水も おいしいだろうが、 冬の寒い日にも、こんな冷たい水を飲まなきゃならないと思うと、不憫でたまらなかった。


何もできなくてゴメン。ポチッとお願いします。  →   にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ

~~~~~お知らせ~~~~~

b0138848_14541983.jpg  
個展開催!!

早川敦子写真展 猫紀行

2010年4月23日(金)~29日(木・祝)
10:00~18:00(最終日は14:00まで)

富士フィルムフォトサロン名古屋
[PR]
by a-nekotabi | 2010-03-24 23:40 | 石川県

ちょっと弱気

個展まで、あと1ヶ月。

先日、会場となる富士フィルムフォトサロンへ様子を見に行ってきました。

ちょうど風景写真のグループのみなさんの写真展初日で、平日にもかかわらず、たくさんの人たちで賑わっていました。
アマチュアのみなさんの作品ですが、いろんなフォトコンテストでも入賞されている方たちとあって、どれも素晴しい写真でした。

・・・で、ふと不安がこみ上げてきました。

富士フィルムフォトサロンは、風景写真の展示が多く、お客さんもそれ目当ての人が多い。
これまでも私は、写真教室のメンバーのひとりとして、このギャラリーに作品を展示してきましたが、
毎回、他のメンバーの風景の作品の前で立ち止まる人が、私の写真の前では「ふん、猫ね・・・」って感じで足早に過ぎる光景を目の当たりにしてきました。

それが悔しくて、猫好きでない人をも立ち止まらせる写真を撮りたい!とがんばってきましたが、正直、まだまだだと思います。

去年の渋谷ルデコでの写真展は、猫好きのみなさんがたくさん来てくれたおかげで、
「私の作品も捨てたもんじゃない?」とちょっと図に乗ってしまいましたが、果たして今回はどんな冷ややかな反応に合うことか?
正統派な風景写真を愛でる人たちの多さに、ちょっと弱気になってしまう私。

つべこべ言わず、見に来んかい!!
b0138848_2328856.jpg
と、猫のように言えたら良いのですが・・・。


がんばれ!のポチッとお願いします!!  →   にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ

~~~~~お知らせ~~~~~

b0138848_14541983.jpg  
個展開催!!

早川敦子写真展 猫紀行

2010年4月23日(金)~29日(木・祝)
10:00~18:00(最終日は14:00まで)

富士フィルムフォトサロン名古屋
[PR]
by a-nekotabi | 2010-03-22 23:35 | 石川県

北陸で考えた、瑣末なこと。

行きのタクシーは遠回りをしたおかげで、 
かつて某メーカーの集金で あちこちの集落を行き来していたという運転手さんから、いろんな話を聞けた。

b0138848_1473755.jpg

海沿いを走るタクシーの窓から、荒波が打ち寄せる岩場を 腰をほぼ90度に曲げたおばあちゃんが歩いているのが見えた。
「何をしているんだろう」と聞くと、運転手さんは「海草を取っているんだ」と教えてくれ、その海草が いかにうまいかを語ってくれた。

ある集落を通りかかった時には 「このあたりの人たちは開墾できる土地が狭く、田畑が山の向こうにあるから 昔はみんな 朝から弁当もって農作業に出かけちゃって、 昼間来ても誰もいなかったよ」なんて話をしてくれた。
b0138848_1481180.jpg


そんな話が、「納棺夫日記」とともに、私の心の中に刻まれていたようだ。

猫を探しながら歩いていたら、 猫はおろか、人っ子ひとりいない、雪が降り積もった畑に出た。

小高い場所にある誰もいない畑で、 ひとりたたずみ、目の前に広がる日本海を見た。
b0138848_1494635.jpg

海から吹きつける風が冷たくて、顔が痛かった。
暖かいところへ行きたかった。

ふと、タクシーの窓から見た腰の曲がったおばあちゃんや、昔、山を越えて農作業に向かった人々のことが思い出された。

昔の人は辛抱強かった。
ちょっとくらいの寒さや大変さに、愚痴なんて言わなかっただろう。
「それが当たり前だから」と黙々と生きる作業を続けたのだろう。

それにひきかえ、今の私はどうだろう。
ちょっと寒いと外に出たくないし、暇さえあればゴロゴロしていたい。
生きる力は、昔の人に比べて確実に低下しているよな・・・と思った。

b0138848_1531342.jpg

ふと、山の向こうから、ガタガタと工事をしているような音が響いてきた。
どこかで道路工事が行われているようだ。

そうしてまた、人々の暮らしは便利になるのだろう。
でも、便利になることで、
b0138848_153529.jpg
人々の生きる力は、また落ちてゆくのだろう。


瑣末なコトでもポチッとね!!  →   にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ


~~~~~お知らせ~~~~~


  個展開催!!
2010年4月23日(金)~29日(木・祝)
富士フィルムフォトサロン名古屋にて

[PR]
by a-nekotabi | 2010-03-13 02:14 | 石川県

死生観@北陸

話は北陸に戻ります。

私が聞いた、「猫だって何の生まれ変わりかわからん」というおばあちゃんの言葉。

「納棺夫日記」の中には、こんな一説がありました。
・・・みぞれの中で大根を洗うこの地方の老婆は、梢に残った木の葉が一枚落ちる度に、「なんまんだぶつ」と口ずさんでいる。・・・

b0138848_103990.jpg

いずれも、この地の人々が いかに命の重みを大切にしているのかが実感できる逸話だと思います。


しみじみポチッとお願いします!!  →   にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ


~~~~~お知らせ~~~~~


  個展開催!!
2010年4月23日(金)~29日(木・祝)
富士フィルムフォトサロン名古屋にて

[PR]
by a-nekotabi | 2010-03-12 01:08 | 石川県

アカデミー賞

アメリカでアカデミー賞の発表があって、新聞やらワイドショーやニュースやらでは、その話題でもちきりでした。
個人的には、日本のイルカ漁を告発したドキュメンタリー映画が受賞したことに、
「おいおい、クルマの次は、食文化でジャパンバッシングかよ」と突っ込みを入れておりましたが、
アメリカの一般の人々は この映画をどんな風にとらえているのか分かりませんし、まだ映画を観たわけでもないので、これ以上、何も言わないでおくことにします。

そうそう、昨年のアカデミー賞では「おくりびと」が外国語映画賞を受賞し、各局一斉に アカデミー賞バンザイな報道でしたが、今年はどこも微妙な感じでアカデミー賞を伝えていたのも、興味深かったです。

b0138848_2544461.jpg
さて、その、去年アカデミー賞を受賞した「おくりびと」ですが、
遅ればせながら、その原案となった青木新門さんの「納棺夫日記」を、今回の北陸ツアーと前後して読んでいました。

映画の撮影地が確か、東北の方だった(調べてみたら山形でした)ので、「納棺夫日記」もてっきり東北の人が書いたと思っていたのですが、著者である青木新門さんは富山の人でした。

北陸というのは、なんとなく、いかに生きて、いかに死ぬかを否応なく考えさせられる風土だと今回の北陸ツアーで感じたのですが、それは この本の影響だったのかもしれません。
行きのタクシーの中で、運転手さんが「このあたりの人は、今でも自宅で葬儀をしたがる人が多い」という話をしてくれたのも、単なる偶然ではないような気がします。
b0138848_335844.jpg


「納棺夫日記」の最初の章で青木さんは、納棺夫になりたての頃の揺れる想いを、 北陸特有の気候風土を効果的に取り入れ、描いています。
そしてまた、日本特有の生死に対する考え方をみぞれになぞらえて語っています。
b0138848_344531.jpg
「なるほどな~」と、思わず うなづいてしまいました。


青木さんの想いとは別に、最近 私が考えているのは「人間のカラダには晴耕雨読のDNAが組み込まれている」という説。(学術的な説ではありません。あくまでも、私の説です。)
晴れた日は外で農作業をし、雨の日は家で本を読むという、古来、日本の農耕文化の中で連綿と受け継がれてきた遺伝子は、現代人の中にも、いまだ息づいていると思うのです。
だから、 晴れた日はデスクワークは はかどらない。
晴れた、太陽の光が燦燦と降り注ぐような日は、本来、外に出て活動するように人間の脳や体はセットされている。
ウチにこもってコツコツやるデスクワークや思想を深めていく作業は、太陽の光が届かない雨の日だったり、夜だったり、地下室の方が適している。

b0138848_393650.jpg

で、この説にのっとると、北陸の、特に冬の気候
・・・雨だったり、降らなくてもどんより低い雲がたれこめていたりする気候は、はつらつと外に向かっていくよりは、内に向かって思考を深めていきたくなるような気候だと、私なりに解釈できるのです。 だから、

b0138848_2534685.jpg
この地では私も 撮影しながら、いろんなことを考えていました。



きょうもポチッとお願いします!!  →   にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ


~~~~~お知らせ~~~~~


  個展開催!!
2010年4月23日(金)~29日(木・祝)
富士フィルムフォトサロン名古屋にて

[PR]
by a-nekotabi | 2010-03-10 03:20 | 石川県

猫ハウス~その2~@北陸

発泡スチロールの猫ハウスも暖かそうだったけど、
こちらのお宅では、
b0138848_21225721.jpg

いらなくなった衣装ケースが
b0138848_21244528.jpg
 
猫ハウスの風よけに再利用されていた。
b0138848_21251291.jpg
猫たちは遠慮なく爪とぎをするので、家人の気遣いも台無しだ・・・。

ちょうど このお宅のおばあちゃんが出てきたので話をした。

たくさんいるように思えた野良たちだが、ここのところ数が減っているという。
寒さや病気で死んでしまう子も数多くいるようだ。

おばあちゃんは言った。
猫だって、なんの生まれ変わりか わからん。 だから、お世話していると。

輪廻転生の思想が、この地には深く根付いているのか。
b0138848_2130408.jpg




生まれ変わっても ポチッとね!!  →   にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ


~~~~~お知らせ~~~~~


  個展開催!!
2010年4月23日(金)~29日(木・祝)
富士フィルムフォトサロン名古屋にて

[PR]
by a-nekotabi | 2010-03-07 21:37 | 石川県