<< ニューヨーク 野良猫探し ハーレムツアー >>

ハーレムツアー その2

ニューヨーク市立大学を後にして、次に立ち寄ったのは、
b0138848_2271928.jpg
モリス・ジュメル・マンション。
1765年に建てられた、マンハッタンで最も古い家だそう。
独立戦争の時には、ジョージ・ワシントンが総司令部として利用した、由緒ある建物なのだが、
早朝につき、中に入れるわけでもなく、こちらも大した感慨もなく、過ぎ去る。

ただ、このモリス・ジュメル・マンションの向かいにあった建物が とってもかわいらしかったのが印象的だった。
b0138848_22162252.jpg
この通りは1ブロック全部が木造家屋だそうで、日本の‘長屋’を彷彿とさせる雰囲気があった。
時間があれば、こうゆうところをゆっくり巡ってみたいものだ。

さて、いろんなところに立ち寄りながら、ようやくハーレムへ。
b0138848_22184434.jpg

車の窓越しに通りを眺めていると、ガイドブック片手に歩く日本人らしき女性の姿があった。
明るい時間帯、大通りくらいなら歩いても大丈夫なんですかねぇ。。。

b0138848_22262424.jpg
アポロシアター。
ここは やっぱり、夜に来たいところ。

b0138848_22295100.jpg
ハーレム・ピカソさん。
彼は25年以上に渡って ハーレムのシャッターに無償で絵を描き続け、ハーレムのイメージを変えた人なのだそうです。
奥様は日本人だそうで、彼の生涯をまとめた日本語のウェブサイトもありました。
b0138848_22423245.jpg

ハーレム・ピカソさんの絵を堪能した後、教会へ。
b0138848_22435020.jpg
教会の中は撮影禁止。
なので、写真はここまでなのですが、初めて聞いたゴスペル、凄かったです。
この人たち、ホントに素人なの?って思うくらい歌がうまいし、
中には‘お笑い’的要素も感じられる出し物もあって、この人たちの演技力、表現力もプロなみ。
こりゃ~NYじゃ、相当、芸達者じゃないと、プロのアーティストとして認められないわな~と実感したのでした。

今回のツアー、わりと大きめの旅行社のツアーに参加したのだけど、
実は、いろいろなツアーを物色しているうちに、なんとも素敵なご縁にめぐり合えたのでした。



続きはまたね。ポチッと!!  →   にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ
[PR]
by a-nekotabi | 2014-06-24 22:06 | ニューヨーク
<< ニューヨーク 野良猫探し ハーレムツアー >>